3 式 戦車

発行者: 22.10.2020

ホニIII ( ホニIII車 ) は、 試製一式七糎半自走砲 (ホニI車)に対して出された砲戦車化改良案から 年 (昭和18年)より「七糎半砲戦車(甲)」(同時期に開発されていた 試製新砲戦車(甲) ホリ とは別車輌)として開発された。当初より対戦車戦闘を主眼において開発された日本初の砲戦車で、 本土決戦 時には 三式中戦車 チヌ (チヌ車)と共に運用することになっていた。 開発開始時期は年6月という説がある。また構想そのものは、年頃6月頃には自走式対戦車火砲の案の一つとして存在していた [1] 。. 四式中戦車 や 五式中戦車 等に搭載された 五式七糎半戦車砲 (原型は 四式七糎半高射砲 )を搭載して攻撃力を更に強化し、溶接を多用することで車体強度も強化されている。また、若干の装甲強化も予定されていた。号車以後にこの要目で生産される予定だったが、その前に終戦を迎えたため生産されていない。なお、五式戦車砲の搭載方法については四式中戦車の砲塔をそのまま載せるか、従来の三式中戦車の砲塔に搭載する二つの案が考案されていたとされる。三式中戦車の車体に四式中戦車の砲塔を搭載する試験は、年3月19日、伊良湖射場で行われた。操作に問題はなく、試験の結果は良好であった。また同月、三式中戦車の砲塔に搭載するために五式七糎半戦車砲の砲架を適合するよう改修 [16] が行われている。.

オースチン装甲車 ウーズレー装甲車 ヴィッカース・クロスレイ装甲車 海軍九三式装甲車. 比較的有名なのは、歴史学者の 秦郁彦 の著書『昭和史の秘話を追う』である。彼は当時の所属部隊関係者などに聞き取り調査を行い、見習士官時代の記述に関しては、信憑性の低さ 見習士官である新米の司馬は、所属中隊に1両しかなかった新型の三式中戦車の乗員ではなく自他共に認めるほど戦車兵としての技量・知識が低かったこと、そして司馬の作家としての旧陸軍に対する批判的な誇張・フィクションの多さ を指摘している。桑原嶽は [注釈 1] 、司馬の軍事知識の欠如に起因する司馬の著作『 坂の上の雲 』の記述の問題点を数多く指摘している [10] 。その上で「司馬は作家であり、軍事については素人に過ぎない。司馬には学徒出身の陸軍将校として2年ほどの軍隊経験があるが、そのレベルの経験・知識は、軍事を真に理解するには逆にマイナスになる」という趣旨を述べている [11] 。.

最終更新 年10月11日 金 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー. 三式中戦車の月別生産数 [14]. 他のプロジェクト コモンズ. 装甲作業機 SS器 伐開機 ホK・伐掃機 九四式甲号撒車 フサ・九四式甲号消車 フセ 超壕機 TG 近接戦闘器材 GS車 地雷処理車 チユ 遠隔操縦器材い号 九四式工作機 かは車.

VI B M21 P. M4 .

九七式車載重機関銃 (口径7. ちなみに使用されている鋼 板 は第三種防弾鋼 板 でありこれは高温焼き入れ及び高温焼き戻し後表面のみ焼き入れを施した鋼 板 で、従来の 戦車 に用いられてきた装甲と 比 較して柔軟性があったらしい。. 四式中戦車 や 五式中戦車 等に搭載された 五式七糎半戦車砲 (原型は 四式七糎半高射砲 )を搭載して攻撃力を更に強化し、溶接を多用することで車体強度も強化されている。また、若干の装甲強化も予定されていた。号車以後にこの要目で生産される予定だったが、その前に終戦を迎えたため生産されていない。なお、五式戦車砲の搭載方法については四式中戦車の砲塔をそのまま載せるか、従来の三式中戦車の砲塔に搭載する二つの案が考案されていたとされる。三式中戦車の車体に四式中戦車の砲塔を搭載する試験は、年3月19日、伊良湖射場で行われた。操作に問題はなく、試験の結果は良好であった。また同月、三式中戦車の砲塔に搭載するために五式七糎半戦車砲の砲架を適合するよう改修 [16] が行われている。.

ちなみに使用されている鋼 板 は第三種防弾鋼 板 でありこれは高温焼き入れ及び高温焼き戻し後表面のみ焼き入れを施した鋼 板 で、従来の 戦車 に用いられてきた装甲と 比 較して柔軟性があったらしい。. 隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ. しかし、第二次大戦中期頃から アメリカ軍 はより強力な M4中戦車 を大量に配備し始めた。そのため、これに対抗する新鋭戦車が必要となっていたが、 四式中戦車 チト と 五式中戦車 チリ は開発中であり、量産はまだ先のことだった。. 九七式中戦車 きゅうななしきちゅうせんしゃ. しかしノモンハン事件などのソ連との国境紛争における戦車戦を通して所詮はチハ車の劣化版でしかないチホ車の開発は没になり、ノモンハン事件の戦訓を取り入れかつ性能を重視したチヘ車(後の一式中戦車)の開発を進めていくことになる。 具体的な内容としては装甲の強化や主砲の強化は当然として素早く動き回るソ連戦車に追撃できるよう高出力エンジンを搭載、チハ車で問題のあった変速装置の油圧サーボ導入による改良(後に歩兵との近接戦闘を考慮して主砲同軸機銃搭載)などが盛り込まれこのまま問題がなければチハ車の後継車両の後継車両として開発が完了するはずだった。 ・・・そう、はずだった。.

本車両は44年に55両、45年に両生産され、中戦車部隊ではなく砲戦車(火力支援車両)部隊に配備された。使い方は最初は主力部隊の後方に配置・待機し先鋒部隊が敵部隊の足止めをしてる間に出撃、逆襲し敵部隊を水際に追いやる作戦が想定され他には敵戦車に対する装甲・火力不足を考慮して従来の陸軍戦車(チハ改)と同じく対戦車自走砲的な待ち伏せ戦法も想定していたと思われる。 その他. 隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ.

: ISBN?

九一式重戦車 九五式重戦車 ロ号. ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 日本陸軍 戦車 日本 駆逐戦車   砲戦車 司馬遼太郎   宮崎駿   どうしてこうなった.

IV A C 6 Mk.   75 mm .

九一式重戦車 九五式重戦車 ロ号. 本土の 宇都宮 にて 本土決戦 の準備に明け暮れていた戦争末期、司馬の所属部隊にただ1両だけ配備された 三式中戦車 を見て、旧型の 九七式中戦車 の装甲はやすりが通らないくらい硬かったがどうだろうかと思い立ち、最新型であった三式中戦車の装甲をやすり掛けしてみたら普通に削れて 紙装甲 の九七式より脆いのか と絶句したとされるもの。 …が、後々になって関係者や研究者らが丹念に調べ直してみたら、実際は前々型の九七式のネックであった 装甲 が割れやすいという欠点を補う為に 均質圧延鋼 という柔軟性の高い鋼材を使用していたがゆえの 仕様 であったことが証明されて、別にそのこと自体には三式の 防御力 が皆無であることの証明にはなっていない。 ( 日本海軍 が 船団護衛 に関しては ド無能 だったせいで、戦争末期には各種物質が ドカ貧 レベルに払底していたのは事実だけどネ。) というよりも、司馬の 国粋主義 と 旧日本軍 批判ありきの視点と 乃木希典 批判における 虚偽 織り交ぜの手法などから専門家からでさえも 「この逸話自体が司馬がでっち上げた フィクション なんじゃねえの!?」 という声もある。 当の司馬も、このことに関連した事を突っつかれた際には 「私は 小説家 ですよ。歴史研究家ではありません」 と返答したとされる。 余談だが、三式中戦車の誕生から50年近く経った年( 平成 2年)に就役した 90式戦車 はかつての国産戦車の惨状がウソであったかのように列強の 主力戦車 に匹敵する高レベルを誇り、 特に 装甲 をガチガチに固めることで 特異さをもっていたが、 リベラル 気質で名高い 某フィクション作家 が 自身の著作 にて 「愛国業ってのはよっぽど儲かる商売らしいな」 という名台詞とともに 『川底の石にぶつかったら車体底面 装甲 が破れる』 といった 嘘八百 をややこしい言い回しで書き連ねて 風評被害 を引き起こしている。.

比較的有名なのは、歴史学者の 秦郁彦 の著書『昭和史の秘話を追う』である。彼は当時の所属部隊関係者などに聞き取り調査を行い、見習士官時代の記述に関しては、信憑性の低さ 見習士官である新米の司馬は、所属中隊に1両しかなかった新型の三式中戦車の乗員ではなく自他共に認めるほど戦車兵としての技量・知識が低かったこと、そして司馬の作家としての旧陸軍に対する批判的な誇張・フィクションの多さ を指摘している。桑原嶽は [注釈 1] 、司馬の軍事知識の欠如に起因する司馬の著作『 坂の上の雲 』の記述の問題点を数多く指摘している [10] 。その上で「司馬は作家であり、軍事については素人に過ぎない。司馬には学徒出身の陸軍将校として2年ほどの軍隊経験があるが、そのレベルの経験・知識は、軍事を真に理解するには逆にマイナスになる」という趣旨を述べている [11] 。.

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用.

  • 特二式内火艇 カミ 特三式内火艇 カチ 特四式内火艇 カツ 特五式内火艇 トク スキ車.
  • 陸軍で運用していた 九七式中戦車 (以下チハ車)や 九五式軽戦車 は戦車の役割は 歩兵支援という開発当時の世相から歩兵支援を重視し対戦車戦闘に対しては対戦車砲などの対戦車兵器の役目であるとし戦車による対戦車戦は補助的な扱いであった。  ただし、当時の陸軍は戦車同士の戦闘が今後増加するであろうという予想自体は立てており 九七式中戦車の後継になる ・・・はずだった 試製九八式中戦車(以下チホ車)には対戦車戦闘を重視した長砲身47mm砲を搭載する予定あり更にチハ車より車体を簡易化させ生産性の向上を図るものだった。.
  • M4シャーマン しゃーまんせんしゃ.
  • 主な配備部隊は、独立戦車第4旅団の戦車第19連隊(20輌)、戦車第42連隊(10輌)、独立戦車第5旅団の戦車第18連隊(20輌)、戦車第43連隊(10輌)、独立戦車第6旅団の戦車第37連隊(20輌)、戦車第40連隊(20輌)などである。これらの部隊は敵の上陸の予想される 九州地方 ( オリンピック作戦 )に配備された。ほかに、 コロネット作戦 に対応するため 関東地方 の 戦車第4師団 にも配備されている。.

815 ……. 419204210518204310637204020 4 .

注目 StayHome 竈門炭治郎 クラウド・ストライフ ディオスクロイ Fate 竈門禰豆子 ティファ・ロックハート 我妻善逸 カイニス Fate 栗花落カナヲ セフィロス. 能 力 はあるのに巡りあわせの悪さで軍中央から半ば見放されてた 兵器 たちが出会い、 技術者 の おじさん たちの熱意と努 力 で新 型 戦車 に生まれ変わり、 銃 後の民と前線の 兵士 たちの期待を背負って雄々しく敵を撃つ!. 第二次世界大戦突入時の日本陸軍では、新鋭の機甲戦力として 九七式中戦車 チハ を配備していた。 太平洋戦争 ( 大東亜戦争 )緒戦において、九七式中戦車は 南方作戦 における ビルマ攻略戦 や フィリピン攻略戦 に投入されたが、主砲( 九七式五糎七戦車砲 )の威力不足から 連合国 軍の M3軽戦車 に対し苦戦を強いられた。そこで陸軍では、新鋭 対戦車砲 である 一式機動四十七粍砲 をベースとする、 一式四十七粍戦車砲 に換装した 九七式中戦車 チハ新砲塔型 新砲塔チハ と 一式中戦車 チヘ を実用化し、M3軽戦車に対抗可能となった。.

M4 ! [2] [3]! III III .


Facebook
Twitter
コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 mannadabholkar.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.