エルンスト・ ユンガー ガラスの蜂

発行者: 08.12.2020

ドイツの思想家、小説家、ナチュラリスト、軍人。年、ハイデルベルクのプロテスタント家庭に長男として生まれる。年、第一次世界大戦に志願兵として出征。西部戦線で戦い、年プロイセンの最高勲章プール・ル・メリットを最年少で受賞した。年、戦記の傑作『鋼鉄の嵐』を出版。その後、賠償に喘ぐ敗戦国ドイツの復興をめざす〈保守革命派〉に身を投じ、マルティン・ハイデガーやカール・シュミットらの共感を得た。ナチス政権誕生を予見する『労働者』を書いたが、ヒトラーが独裁を確立するや距離を置き、森に隠棲して昆虫採集などに没頭する。年に書いた小説『大理石の断崖の上で』が後に〈抵抗文学〉として評価される。同年、国防軍に復帰してパリに進駐。戦後の欧州再生ビジョンを記した秘密文書「平和」は反ナチスの軍幹部に回覧され、年7月のヒトラー暗殺計画の支柱となった。戦後は「20世紀のゲーテ」と呼ばれ、日記、エッセイ、小説、往復書簡など旺盛な執筆活動で年にゲーテ賞を受賞した。年、ユンガーの名を冠した昆虫学賞が創設された。年、歳で死去。 「年 『ガラスの蜂』 で使われていた紹介文から引用しています。」.

Siebzig verweht I , 物語 Sturm ,

政治思想 は前期は ファシズム 的であり、戦後、ユンガーとハイデッガーはそれぞれの還暦記念論集において ニヒリズム 論を交換しているが、彼らにとってナチス体験とはニヒリズムの生きた体験でもあった。後期の思想は アナキズム に近接するところがあるとされる。. 本 Kindle DVD 音楽 すべて. Fassung als Capriccios. Die Eberjagd , Wide-open beavers inside (女性の秘所のこと) も思い出した。思わず笑ってしまう。この本が出版されたのは 年だ。ベトナム戦争によってアメリカの社会はがらっと変わったとは 年代にアメリカのカリフォルニアで労働者として働きながら生活していた作家の石川好も語っているところだ。古きよき時代に Fuck とか卑猥語は口に出せなかったのが、公然と女性でも口にするようになったという。.

Feuer und Blutkouhei. Kriegssozialismus Ernst Niekisch Die Tat Hans Zehrer. Zwei Essays .

ウィキメディア・コモンズには、 エルンスト・ユンガー に関連するカテゴリがあります。.

この記事が入っているマガジン

相良守峯訳『大理石の断崖の上で』岩波書店、年 Heliopolis. Neuauflage: Atlantische Fahrt. 著者プロフィール ドイツの思想家、小説家、ナチュラリスト、軍人。年、ハイデルベルクのプロテスタント家庭に長男として生まれる。年、第一次世界大戦に志願兵として出征。西部戦線で戦い、年プロイセンの最高勲章プール・ル・メリットを最年少で受賞した。年、戦記の傑作『鋼鉄の嵐』を出版。その後、賠償に喘ぐ敗戦国ドイツの復興をめざす〈保守革命派〉に身を投じ、マルティン・ハイデガーやカール・シュミットらの共感を得た。ナチス政権誕生を予見する『労働者』を書いたが、ヒトラーが独裁を確立するや距離を置き、森に隠棲して昆虫採集などに没頭する。年に書いた小説『大理石の断崖の上で』が後に〈抵抗文学〉として評価される。同年、国防軍に復帰してパリに進駐。戦後の欧州再生ビジョンを記した秘密文書「平和」は反ナチスの軍幹部に回覧され、年7月のヒトラー暗殺計画の支柱となった。戦後は「20世紀のゲーテ」と呼ばれ、日記、エッセイ、小説、往復書簡など旺盛な執筆活動で年にゲーテ賞を受賞した。年、ユンガーの名を冠した昆虫学賞が創設された。年、歳で死去。 「年 『ガラスの蜂』 で使われていた紹介文から引用しています。」.

砂時計の書 講談社学術文庫. ドイツの思想家、小説家、ナチュラリスト、軍人。年、ハイデルベルクのプロテスタント家庭に長男として生まれる。年、第一次世界大戦に志願兵として出征。西部戦線で戦い、年プロイセンの最高勲章プール・ル・メリットを最年少で受賞した。年、戦記の傑作『鋼鉄の嵐』を出版。その後、賠償に喘ぐ敗戦国ドイツの復興をめざす〈保守革命派〉に身を投じ、マルティン・ハイデガーやカール・シュミットらの共感を得た。ナチス政権誕生を予見する『労働者』を書いたが、ヒトラーが独裁を確立するや距離を置き、森に隠棲して昆虫採集などに没頭する。年に書いた小説『大理石の断崖の上で』が後に〈抵抗文学〉として評価される。同年、国防軍に復帰してパリに進駐。戦後の欧州再生ビジョンを記した秘密文書「平和」は反ナチスの軍幹部に回覧され、年7月のヒトラー暗殺計画の支柱となった。戦後は「20世紀のゲーテ」と呼ばれ、日記、エッセイ、小説、往復書簡など旺盛な執筆活動で年にゲーテ賞を受賞した。年、ユンガーの名を冠した昆虫学賞が創設された。年、歳で死去。 「年 『ガラスの蜂』 で使われていた紹介文から引用しています。」.

  • 最終更新 年3月24日 火 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.
  • Zwei Essays ,

10 20 30. : BIBSYS BNF GND ISNI LCCN MusicBrainz SBN SELIBR SNAC-ID VIAF ISBN. Der gordische Knoten .

週間記事閲覧ランキング

Feuer und Blut , トップ 新刊ニュース ランキング 談話室 ブクログ通信 サポート ヘルプ お知らせブログ お問い合わせ. エッセイ 、 批評 、思想書、 小説 、 日記 、.

Ad hocWide-open beavers inside Fuck! Auf den MarmorklippenStosstrupp 148.

感想・レビュー・書評

隠しカテゴリ: BIBSYS識別子が指定されている記事 BNF識別子が指定されている記事 GND識別子が指定されている記事 ISNI識別子が指定されている記事 LCCN識別子が指定されている記事 MusicBrainz識別子が指定されている記事 SBN識別子が指定されている記事 SELIBR識別子が指定されている記事 SNAC-ID識別子が指定されている記事 VIAF識別子が指定されている記事 ISBNマジックリンクを使用しているページ. Am Sarazenenturm , 相良守峯訳『大理石の断崖の上で』岩波書店、年 Heliopolis.

Bois de Noel Siebzig verweht II. [6] [7]. Zwei Mal Halley .

最近チェックした商品

エルンスト・フォン・ザロモン の証言によれば、 年 、路上でばったり出会ったザロモンがユンガーに向かって. Neuauflage: Atlantische Fahrt. 高橋義孝、江野専次郎訳『文明について』新潮社、年 Der gordische Knoten , ブルジョア 社会における 文化 や、 教養 を爆破せよと説いたにもかかわらずユンガーの本質は、 庭園 や 図書館 での 瞑想 を愛し、 自然 の研究に没頭する姿であった。 エルンスト・フォン・ザロモンによると、ユンガーの居間には 昆虫 類の 標本 、 臓物 の入ったビン、 顕微鏡 が散乱していた。 彼は「 まさしく根本においてはなんといっても、その鋼の甲冑の下に教養市民の心情が脈打っていた戦士 」であった。 彼の中に見られる ロマン 性との鋭い対決姿勢も、彼自身の体質がロマン性を持っていたことを示すものに他ならない。.

Siebzig verweht IHrsg. Kriegstagebuch -Kindle DVD.


Facebook
Twitter
コメント
Yukiko 08.12.2020 17:31 答える

ドイツが敗れたのはドイツが進歩した 協商国 側とは違って指導者と大衆との結びつきを欠き、古くさい ウィーン会議 に基づく 王朝 国家の経綸の上に立つ 君主制 をとっていたがために、 動員 が総力的な形ではなくて部分的な形でしか行われなかった為である。 誤ったロマン主義と欠陥をもった リベラリズム の混合であり「 ワーグナー の オペラ 」以外のなにものでもなかった [8] 帝政ドイツ は、総動員の時代精神に完全な形で徹することができなかった。 ユンガーの「労働者」や「総動員」の概念は、帝政に執着する旧 保守主義 の心情とは全く無縁のものである。.

Taku 11.12.2020 11:14 答える

一見 左翼 がかったように見える「労働者」という概念も、 マルクス主義 でいう プロレタリアート のことではない。ユンガーの「労働者」像は、あくまでも平和時の 産業社会 状況においてではなく、血生臭い戦場の体験を土台に展開されたものである。彼の曖昧な「労働者」という概念のなかには、戦場で機能する兵士のイメージと 工場 で機能する労働者のイメージが重なっており「 労兵評議会 」という言葉のもつニュアンスがそこにある。 いわゆる 階級意識 は、ユンガーからすれば打算的なブルジョア社会におけるブルジョア的思考の結果にすぎず、彼は「労働者」による 政治 ・ 経済 権力奪取のことを考えているのでもなければ、「労働者」の労働負担軽減やその 福利厚生 のことを考えているのでもない。 彼が 年 頃まで説いた新しいナショナリズムは、 ソーシャリズム を主張する。しかしそのソーシャリズムは、「 要求 のソーシャリズム」ではなく「 義務 のソーシャリズム」であり、シュペングラーの説く「プロイセン的ソーシャリズム」に近い「心情的ソーシャリズム」であった。 従ってかれと親しかったエルンスト・ニーキッシュが 独占資本 に反対したのとは違い、ユンガーは独占資本を憎悪してその打倒を叫んだことはない。ニーキッシュはこの本を高く評価したものの、ニーキッシュとユンガーの違いは前者の本質が 右翼 がかった左翼人にあったのに反して、後者のそれが左翼がかった右翼人だったところにある。. 山本尤訳『パリ日記』月曜社、年 小説 Auf den Marmorklippen ,

Maimi 09.12.2020 08:16 答える

新しい本棚登録 4 人.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 mannadabholkar.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.