北野 武 ソナチネ 海外

発行者: 11.01.2021

南方英二師匠最高! その後の北野映画の中でも観たかったなぁ. たけし  「まあだだよは終戦直後の設定だからGHQとかMPが出てきますよね。あれが初めて違和感なく見れた。今まで映画で出てきたMPは、どうせどっかの外国人を捕まえてきて服を着せてるだけだって思っちゃうから、絶対に自分では撮れないんですよ。あのリアル感は色で出るのか、絵のサイズで出るのか、そうとう難しいんじゃないですか。.

引用をストックできませんでした。再度お試しください 閉じる.

たけし  「やっぱり役者さんってのはカメラを目の前にして「さあ、どうぞ」っていわれて大芝居やって「はい、OK」 っていわれた後に拍手の1つでももらうと、もうやった!って嬉しくてしょうがないんだけれど、その場面のラッシュを見てみると「いらないな、これ」ってなっちゃうんですよね不思議にも」. たけし  あれだけ絵が強いのに、すごくほのぼのとしているし、それがよくわからない。「天国と地獄」の絵を比べると今度の方がもっと強いと思うんですよ。失礼な話ですけど「まあだだよ」の強さでもう一度「天国と地獄」を撮ったらもっと強烈になるでしょうね」. 大杉がなにげにかっこいい。 どならなくても、そこにいるだけでひりひりする。 深い碇を静かに抱えて日常を生きてるやくざ、そんな存在感がたまらなくいい。. エレベーターの中の銃撃戦、ありそうでなかった。 デパーッテッドとかではエレベーターの中での暗殺というのはあったけど撃ち合いというのはない。 あれは生々しくてよかった。 逆にマシンガン乱射のシーンは、車のボディに反射光がちらちらする、あれがすごくいい。 画面とリアリティを共有しやすいので、映画の中の「痛み」が伝わってきやすい。.

で、どこのシーンがいいんだろうって見直したらまた見ちゃった。 とにかく日常をいきなり切り裂いてやってくる死と言う非日常。そしてまた淡々と日常が続く。 このみょうな緊張感。これがすごかった。. ブラザー見たけど、ソナチネを超えられなかったなあ。 ブラザーには薄っぺらさを感じた。 実はソナチネもシナリオは薄っぺらなんだけど、 なぜかソナチネには薄っぺらさを感じない。. プライバシーポリシー お問い合わせ.

DVD 10DVD 10. DNA   .

その台詞いいよね。 高橋みたいなヤツ、たまにいるんだよなぁ。一番キライなタイプ。 自分が好きな台詞は、 おい、もうヤクザ辞めたくなったなぁ。 なんか、もう疲れたよ。。. ソナチネ Blu-ray. 前半20分くらい 沖縄に行く前が好き 抱腹絶倒のコメディだね.
  • キタノブルーとは違い、石垣島の空と海という生の源である「 青 」を背景に、子供から大人への順当な成長に失敗したヤクザたちが、現実逃避の歪な「 生 」の空間で遊んでいる。そこに前触れもなく殺し屋が侵入し、一筋の「 赤 」とともに「 死 」がもたらされる。.
  • ABOUT 映画作品 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行 映画作品ジャンル アクション映画 アニメ映画 アメコミ映画 SF インド映画 コメディ ホラー サスペンス スポーツ・格闘技 西部劇 戦争 特撮映画 人間ドラマ 犯罪、ヤクザ、マフィア ファンタジー ミステリー ミュージカル、音楽伝記 モンスター映画 歴史、時代劇 恋愛、ラブロマンス 海外ドラマ 俳優 監督 雑談 動画配信サービス(Netflix等) となりの映画記事 おすすめ映画紹介 映画感想 企画記事 トリビア、制作秘話 アメコミキャラ サイトマップ. たけし  「やっぱり役者さんってのはカメラを目の前にして「さあ、どうぞ」っていわれて大芝居やって「はい、OK」 っていわれた後に拍手の1つでももらうと、もうやった!って嬉しくてしょうがないんだけれど、その場面のラッシュを見てみると「いらないな、これ」ってなっちゃうんですよね不思議にも」.

強烈な印象に与えた『ソナチネ』

引用元: cinematerial. たけし 「それにしても、今回の映画の相変わらずの絵の強さを見ると、まだ物凄くスタミナがあるんですね。所に聞いたら監督は肉食だって言ってましたけど。いろんな肉の種類を食べるって 笑」. 大杉は、おそらく事務所の電話で怒鳴る役柄で採用されたんだろうけど 沖縄で静かに立ってる姿がすごく絵になってた。雰囲気のある俳優だなと改めて思った。 でも、このころって、彼は、オーディション俳優なんだよなあ。. たけし  「やっぱり役者さんってのはカメラを目の前にして「さあ、どうぞ」っていわれて大芝居やって「はい、OK」 っていわれた後に拍手の1つでももらうと、もうやった!って嬉しくてしょうがないんだけれど、その場面のラッシュを見てみると「いらないな、これ」ってなっちゃうんですよね不思議にも」.

余計なものがひとつもなく、足りないものもひとつもない! 完璧な編集だ。. その当時の心境もあるんだろうけど なんでこんな映像撮れるんだろう~.

  • この映画、ものすごくいろんなものを見たような気がするんだけど、 ストーリーはシンプルなんだなあ。不思議な映画だ。. 余計なものがひとつもなく、足りないものもひとつもない! 完璧な編集だ。.
  • ABOUT 映画作品 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行 映画作品ジャンル アクション映画 アニメ映画 アメコミ映画 SF インド映画 コメディ ホラー サスペンス スポーツ・格闘技 西部劇 戦争 特撮映画 人間ドラマ 犯罪、ヤクザ、マフィア ファンタジー ミステリー ミュージカル、音楽伝記 モンスター映画 歴史、時代劇 恋愛、ラブロマンス 海外ドラマ 俳優 監督 雑談 動画配信サービス(Netflix等) となりの映画記事 おすすめ映画紹介 映画感想 企画記事 トリビア、制作秘話 アメコミキャラ サイトマップ. エレベーターの中の撃ち合いも結構いいアイデアだと思う。 箱の中の狭さは観客の誰もが皮膚感覚で知ってるから、 その中での撃ち合いの逃げられない恐怖ってのは想像しやすい。.

パリでソナチネを観た

たけし  助監督とかスタッフから「監督、次はどう撮りますか?」て言われるとなんか挑戦されているような気がして、それに負けて「今度は移動クレーンを使って」とかいっちゃうと駄目ですね。今流行ってるステディカムなんかも、分からずに使うと本当に意味がない」. これこそが「芸人がカメラ持ってる」という認識を打ち砕く決定打だと思うのだが、彼の初期作品、特にソナチネまで=バイク事故で生死の境を彷徨うまでで見られる死生観は、思わず唸ってしまうぐらいに ニヒル で醒めている。. カメラワークについて言えば、武は何かのインタビューで答えて言うに、 自分は映画監督の経験はないけど、テレビタレントとしてのキャリアは長い。 テレビは多くのカメラが自分を狙っていて、どこの立ち居地でどう動けば、どう見栄えするかみたいなことは常に考えている。 それを1台のカメラにしちゃったのが映画だと思えば、映画の撮影はむしろ簡単。 ということだった。 あと、映像というかイメージというか、そういうものがわーっと出てくるらしい。 言われてみれば、毒舌漫才のころの標語は結構ビジュアルだった。 たとえば「手を上げて、横断歩道で死んでいた」「赤信号、みんなでわたれば怖くない」のように。 状況が絵としてイメージしやすい内容になってる。.

mm.

前半20分くらい 沖縄に行く前が好き 抱腹絶倒のコメディだね. 黒澤明のDNAを受け継ぐ男たち  スピルバーグ 世界一のヒットメーカーの幼少期~修行時代. フランスで、コメディアンとしてのタケシと映画監督としてのタケシの才能の両方を評価して あわせ技一本で勲章をあげてたけど、この映画の弛緩部分に見るタケシ流の笑いをみると 沿うおいうっ評価の仕方って合理的だなと思う。.

mm?

自分は映画監督の経験はないけど、テレビタレントとしてのキャリアは長い。 テレビは多くのカメラが自分を狙っていて、どこの立ち居地でどう動けば、どう見栄えするかみたいなことは常に考えている。 それを1台のカメラにしちゃったのが映画だと思えば、映画の撮影はむしろ簡単。. 黒澤  「僕も初めて松竹でやった「醜聞」を撮ってるとき、助監督が集まって何かコソコソやってるわけ。「何を話してんだ?」って聞くと「撮り方が違うんじゃないですか」って。松竹には松竹流の撮り方があるんだよね。李さんと三船がオートバイに乗ってきて三船の部屋に彼女を招きいれるシーンで、僕はみだれ感のある部屋に自然に入ればいいと思っていたの。そしたら「バイクの風防用のメガネが置いてないと映画として時間の経過がおかしい」といわれる。「いや僕は現実の時間の経過通りに撮ってるんだ」って。そんなやりとりを随分やったよ。」. たけし  お笑いも同じことやるんですよ、なんかをチラっと見えたぞっていうのを。襖を外してみんなで鍋をやるっていうのを全部見せちゃうと、何の興味もなくなるわけですよね。そのチラッと見えるサイズが異常に絵の強さを出している。偉そうなことばっかり言ってますけど、今度の監督の映画はあのカメラワークがなきゃ耐えられないと思ってるんですよ、話が淡々としてますからね。カメラワーク間違えたら実に退屈な…」.

20  !    . DVD 10DVD 10 .


Facebook
Twitter
コメント
Dai 13.01.2021 18:54 答える

振り返ると、緊張と弛緩のバランスが絶妙。 チャプターを見てちょっと驚いたんだけど、 エンドロールを除く9つのチャプターのうち、 真ん中の 4 ロシアンルーレット 5 紙相撲 6 落とし穴 7 花火 は、ゆるい日常を描いてる。 全体の半分だから結構長い。 でもぜんぜんそんな感じを受けなかった。 もちろん退屈もしなかった。 「ゆるい日常」のなかに強姦男を殺すシーンはさしはさまれるけど、概してゆるい。 緩めておいて繰り出すパンチはものすごく勢いがある。 それから「日常のゆるさ」の表現では、タケシ流の笑いがふんだんに盛り込まれてる。 ちょうど、風雲たけし城とか、元気の出るテレビで使われそうなギャグ。 フランスで、コメディアンとしてのタケシと映画監督としてのタケシの才能の両方を評価して あわせ技一本で勲章をあげてたけど、この映画の弛緩部分に見るタケシ流の笑いをみると 沿うおいうっ評価の仕方って合理的だなと思う。. この映画、ものすごくいろんなものを見たような気がするんだけど、 ストーリーはシンプルなんだなあ。不思議な映画だ。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 mannadabholkar.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.