項羽 と 劉邦 司馬 遼太郎

発行者: 12.01.2021

高校生のお子様にいかがですか? 高校生の息子用に購入しました。実はかつて持っていましたが、処分したみたいで、息子が読みたいと熱望したので、再度購入したという次第です。読んでおくべき1冊だと思います。 このレビューのURL. 項羽と劉邦 上 (新潮文庫 しー 新潮文庫) [ 司馬 遼太郎 ] 4.

最初は「項羽と劉邦かあ、ふ〜ん。」という感じで何気なく読んでいたが、 読んでいるうちに次第に登場人物たちが身近に感じてきて面白かった。 個人的には「韓信とその周辺」の話が面白かった。 さらに著者のあとがきを見て、もう一度読んでみた。 娯楽小説として、また、著者の中国史観として、二度読める作品だと思う。 著者の名前の由来になっている司馬遷への『著者の語りかけ』が 聞こえてくるようだった。 よい作品だと思う。. 個 の商品が入っています. 並び替え 新着レビュー順 商品評価が高い順 参考になるレビュー順.

カートに入れる ブラウザ試し読み. この製品の概要をみる この製品について他のレビューも見る.

[ ] 4. 7pt 24 !  - . 40 .

最初は「項羽と劉邦かあ、ふ〜ん。」という感じで何気なく読んでいたが、 読んでいるうちに次第に登場人物たちが身近に感じてきて面白かった。 個人的には「韓信とその周辺」の話が面白かった。 さらに著者のあとがきを見て、もう一度読んでみた。 娯楽小説として、また、著者の中国史観として、二度読める作品だと思う。 著者の名前の由来になっている司馬遷への『著者の語りかけ』が 聞こえてくるようだった。 よい作品だと思う。. 竜馬がゆく 愛に燃える戦国の女-豊臣家の人々より-. しかし、項羽は彭城陥落の報を聞くと直ちに全軍から三万の兵を掻き集め、自ら直率して彭城へと駆け戻った。狂憤を発した項羽の怒気が憑ったかのような楚軍の軍威に慄いた同盟軍の面々はたちまち恐慌に陥り、一人として踏みとどまることなく彭城から逃げ散った。劉邦も辛うじて難を逃れるものの、五十万を超える大軍勢はわずか三万の楚軍に潰乱させられてしまった( 彭城の戦い )。どうにか体制を立て直した劉邦は迫り来る項羽と対峙するものの、とはいえ剽悍さでは無類の項羽と戦下手の劉邦ではもとより勝負にならない。諸侯たちも項羽を恐れて一転して楚軍に靡いてしまい、漢軍が劣勢を挽回することは極めて困難であった。漢軍は中原中央を転戦して戦うものの楚軍の猛威を振り払うことはできず( 滎陽の戦い )、劉邦はやむなく黄河の北岸へと落ちのびる。北方で遊撃部隊として展開していた武将・韓信を督促して諸国の平定を急がせ、今一度体勢を整えると劉邦は再度黄河を渡って南下した。いくつかの城を落として局所的な勝利をおさめるものの、劉邦の南下を知った項羽は再び軍を率いて劉邦のもとへ殺到した。漢軍の士卒は大潰乱の悪夢を思い出して震え上がるものの、しかし窮迫した事態は劉邦に天啓を与え、一帯の食料を賄う巨大穀倉庫である広武山を要塞化して立て籠もるという奇想天外な策を閃かせる。劉邦にとって一世一代ともいえるこの妙策は当たり、楚軍は山を包囲しながらも次第に飢え始め、広武山の対陣は籠城側が飽食して攻囲側が飢えに苦しむという奇妙な籠城戦となった。しかし劉邦が負傷したことによって漢軍も優位を保つことができなくなり、楚漢で天下を二分することを条件に劉邦は講和を申し出、項羽もこれを受け入れる。.
  • 店舗情報 丸善 ジュンク堂 文教堂 店舗検索. 大阪外国語大学卒業生、『言葉』の説明、それが人々にどのように浸透していったか、どのような思いで人々が口にしたかをとても丁寧に書いています。 秦の始皇帝からその裏にいた人物、秦を倒そうとした人、それに乗っかろうとした人まで描写も上手く、感情移入したり、好きになったりできる人物が1人はできます。 私は
  • みんなのレビューで 楽天市場の全商品で. Posted by ブクログ 年07月22日.

厨二の着ぐるみが、本や漫画、ゲーム、ドラマなどについて好き勝手に語るブログ。

ふしぎねこのきゅーちゃん 3 (星海社COMICS) [ にとりささみ ]. 次へ 戻る 1. ailoveyu さん 40代 男性 購入者 レビュー投稿 件. 項羽と劉邦 改版 上 みんなのレビュー 司馬 遼太郎 (著) 税込価格: 円 ( 7pt ) 出版社: 新潮社 発行年月:2005.6 発送可能日: 24時間 文庫. 大河ドラマ 竜馬がゆく 国盗り物語 花神 翔ぶが如く 徳川慶喜 功名が辻.

  • 電子書籍ストア BookLive!
  • またぎき さん 40代 男性 購入者 レビュー投稿 5, 件. 司馬遼太郎さんの物語はどれも登場人物が魅力的です。歴史物が苦手でもこの方の小説なら読めるのではないでしょうか。中国の歴史物に多い大量の登場人物も、個性豊かな人物描写でいつの間にか引き込まれて、読み進められました。 代表作の『竜馬がゆく』『坂の上の雲』などより、上下巻で短いので歴史物が苦手な方も試しにぜひ読んでみては。.

Posted by 0424.    .  3 COMICS [ ].  -  .

項羽と劉邦(上) のユーザーレビュー

歴史小説 司馬 遼 太郎記念館 司馬遼太郎賞 福田みどり. 運営会社 サービス利用規約 個人情報保護方針 個人情報の取り扱いについて 特定商取引に基づく表示 資金決済法に基づく表示 コンテンツ使用許諾について サイトマップ 紹介プログラム 送料について ヘルプ・お問い合わせ LINE Twitter Instagram. 司馬遼太郎氏は自身のエッセイの中で、膠着語に属する日本語の特質に触れ、機能的な構造を持つ為に理論性に優れた印欧語族よりも感情表現に適していると大約述べている その説に異論はあろうけど 。その上で、氏の目指す文章は「いかにしてその感情性を抑えるか」に力を注いでいるとのことである。 確かに本書の巻頭から息を呑むような精緻・静謐な文章に圧倒された。しかし、「氏の目指す文章」の裏を返せば「努力せねばどうしてもその情緒性が溢れ出てしまう」のであろう。氏はエッセイ中触れてはいないが、氏の小説の持つ魅力とは静謐・緊迫の文章に垣間見えるその情緒性ではないだろうか。 上中下巻を通じて実に堪能したが、読後特に心に残ったのは夏侯嬰とその妻との挿話であった。 物語は劉邦が関中制覇を成遂げた最初の成功譚に引続く崩落の過程に副えられる。敗戦・逃亡の緊迫の中に織り成される夏侯夫妻の生き様が実に瑞々しい。 高潔な文章というのはこのことを言うのだと思う。.

最初は「項羽と劉邦かあ、ふ〜ん。」という感じで何気なく読んでいたが、 読んでいるうちに次第に登場人物たちが身近に感じてきて面白かった。 個人的には「韓信とその周辺」の話が面白かった。 さらに著者のあとがきを見て、もう一度読んでみた。 娯楽小説として、また、著者の中国史観として、二度読める作品だと思う。 著者の名前の由来になっている司馬遷への『著者の語りかけ』が 聞こえてくるようだった。 よい作品だと思う。.

URL. URL. risu  -  .

最近チェックした商品

投稿者: 森  -  この投稿者のレビュー一覧を見る. 投稿者: risu  -  この投稿者のレビュー一覧を見る. 丸善 ジュンク堂(MARUZEN&ジュンク堂含む) 文教堂 店舗検索.

URL.  - . 0 0.

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

紀元前の中国が舞台です。 万里の長城を作った秦の始皇帝。その始皇帝の晩年、そして死から始まります。 紀元前です。すごいですねえ。 司馬遼太郎さんと言えば、戦国時代と幕末が大看板なんですが、16世紀や19世紀の日本から、一気に紀元前の中国。 司馬遷という人が書いた「史記」という本が、紀元前90年あたり 子供に頼まれて購入、楽しんで読んでました。 このレビューのURL. 史上初めて大陸を統一し、帝国という空前の巨大権力を地上に現出せしめた秦の始皇帝。しかしその絶対権力の苛烈なまでの行使は民を極限まで疲弊させ、国中に怨嗟の声が満ち満ちた。やがて始皇帝が没すると、 陳勝・呉広の乱 を皮切りとして圧政に耐えかねていた民衆の不満が爆発し、各地で無数の反乱が隆起することとなる。江南の 楚 の出身の項羽は、国を秦に滅ぼされて以来復仇の念を抱きながらも 呉中 で雌伏していたが、反乱隆起の報に接するや叔父の項梁に従い動乱の渦中に身を投じた。項梁はその知略で旧楚の王孫を擁して楚を再興するものの、ほどなく秦軍は巻き返しを図り章邯将軍を核として反乱の鎮圧に本格的に乗り出した。項梁は章邯の巧みな戦術に敗れて命を落とし、跡を継いで楚軍の頭目となった項羽は叔父の弔い合戦を秦軍に挑むべく軍を動かす。その軍勢の一隊には沛公・劉邦がいた。元は田舎町のごろつきで何の能もない無頼漢だったが、動乱の中で 沛 の長として担がれた男である。.

BookLive. Posted by 0712.


Facebook
Twitter
コメント
Anzu 17.01.2021 13:40 答える

しかし、項羽は彭城陥落の報を聞くと直ちに全軍から三万の兵を掻き集め、自ら直率して彭城へと駆け戻った。狂憤を発した項羽の怒気が憑ったかのような楚軍の軍威に慄いた同盟軍の面々はたちまち恐慌に陥り、一人として踏みとどまることなく彭城から逃げ散った。劉邦も辛うじて難を逃れるものの、五十万を超える大軍勢はわずか三万の楚軍に潰乱させられてしまった( 彭城の戦い )。どうにか体制を立て直した劉邦は迫り来る項羽と対峙するものの、とはいえ剽悍さでは無類の項羽と戦下手の劉邦ではもとより勝負にならない。諸侯たちも項羽を恐れて一転して楚軍に靡いてしまい、漢軍が劣勢を挽回することは極めて困難であった。漢軍は中原中央を転戦して戦うものの楚軍の猛威を振り払うことはできず( 滎陽の戦い )、劉邦はやむなく黄河の北岸へと落ちのびる。北方で遊撃部隊として展開していた武将・韓信を督促して諸国の平定を急がせ、今一度体勢を整えると劉邦は再度黄河を渡って南下した。いくつかの城を落として局所的な勝利をおさめるものの、劉邦の南下を知った項羽は再び軍を率いて劉邦のもとへ殺到した。漢軍の士卒は大潰乱の悪夢を思い出して震え上がるものの、しかし窮迫した事態は劉邦に天啓を与え、一帯の食料を賄う巨大穀倉庫である広武山を要塞化して立て籠もるという奇想天外な策を閃かせる。劉邦にとって一世一代ともいえるこの妙策は当たり、楚軍は山を包囲しながらも次第に飢え始め、広武山の対陣は籠城側が飽食して攻囲側が飢えに苦しむという奇妙な籠城戦となった。しかし劉邦が負傷したことによって漢軍も優位を保つことができなくなり、楚漢で天下を二分することを条件に劉邦は講和を申し出、項羽もこれを受け入れる。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 mannadabholkar.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.