フルーツバスケット透夾裏小説

発行者: 12.08.2020

では、いきまーす! 今年も後残り数日となった。 紫呉宅の大掃除もほとんど終わった。 由希は考えていた。 今年の正月は本家に帰らなかった。今度はそんなわけにはいかないだろう。 もう逃げないと決めた自分。 由希は草摩に反発して帰らないのではなく、 敢えて来年はちゃんと草摩と向き合おうと思っていた。 でも透は年末年始をどうするつもりなんだろう? お祖父さんのところへ戻るのか、ここにいるのか・・・? 「透君、お正月お祖父さんのところに帰るの?」 紫呉も心配していた。 「い、いえ…お祖父さんにはまだ何も…」 透は少し困ったように答えた。すると、 「夾、お前正月は師範の所に帰るんだろ?本田さんも一緒に連れていけないかな。」 由希から思いがけない言葉。 「な、何だよ、俺もその方がいいのかな、と… …透、どうする?師匠のところで新年迎えるか?」 「え…?いえ、そんな・・・ご迷惑をおかけする訳には・・・っ」 「別に迷惑でもなんでもねーよ。お前も祖父さんのところは帰りにくいだろ?  それに師匠も喜ぶだろうしっ!」 「喜ぶのは夾君だったりして~??」 「てめっ!いちいちからかうなっ!」 「じゃ、決まりだね。本田さん、夾と一緒に師範の所へいくといいよ。 俺も師範には新年の挨拶したいし。向こうで会おうよ。」 「は、はいっ!」 嬉しそうに答える透に、由希もにっこりと答えるのだった。 透をお母さんのように思っていた事をなんとなく恥じていた由希だったが、 真鍋に話してからはそんな気持もなくなっていた。 透のうれしそうな顔を見て由希もうれしくなった。.

いきなり2本では辛いと思われたそこは、ヒクつきながら柔らかく、けれどキツク締め上げている。 いとも簡単に2本の指を奥へ、奥へと招きいれる。 「んんっ・・・あぁっ・・・」 張り詰めた糸が途切れたかのようにアキトは廊下にも聞こえてしまいそうな位に声を上げる。 自分の部屋だから開放感のようなものがあるのだろう。 「気持ち良い?」 内の柔らかさを楽しみつつ、もう片方の手でアキトの汗でしっとりと濡れた前髪をわける。 「ん・・・」 言葉ではハッキリと告げていないが、かすかに頭が上下した。 アキトも先ほどとは違い、快楽に身を委ねている。 だが、アキトの下の準備はあまり出来ていない。 何せ成長した成人男性と、まだ成長途中の少女ならば体格差がかなり生じる。 いくら何度か交わったことがある2人でも、紫呉の物を受け入れるアキトの入り口は小さすぎた。 なので入り口を念入りにほぐしておかなければ内部を傷つきかねない。 「もう少し、慣らそうか?」.

服をはだけさせられあらはになった楽羅の胸はもう乳首が立っていた、 「もう立ってる 嬉しい??」指で遊びながら楽羅に聞く紫呉 黙っているとするりとパンツを下ろされて そこも指で遊ばれる、 「ここも・・準備万端だね」 もう楽羅の秘部ははやく入れて欲しいと言ってるような状態だった 「ねぇ言ってよ、どうしてほしいか。」紫呉がわざと楽羅に言わせようとした 「や、やだよぅ・・・」 「これだけでいいの?」そう言い指で秘豆を弄ぶ 「ぁっん・・・ん~・・・・」 「言って?ほら・・・」 「い、いれてほしいよぉ」顔を真っ赤にして楽羅は声小さく言った.

幼き頃から慊人と順調に愛を深めて行くが、紅野の呪いが解け、慊人が乱心。 紅野が同情から慊人を抱き、側にいることを誓う。 怒った紫呉は、 慊人の"母親" と浮気。 この時、男として育てられた慊人が女として育てられていたらと、妄想できたから慊人の母親を求めたとも本人に告げている。. 広告掲載について 広告媒体資料 スケジュール・原稿について 入稿時の諸注意 広告掲載についてのお問い合わせ. 透&夾、由希&真知の恋から目が離せない!  年5月刊。 紙版を購入 上記以外で購入する. 透君のイタズラ31 「燈路ちゃん!!イヤぁ!見ないで…見ないでぇ!」 「何言ってるんです?杞紗さんのイヤらしい身体を見て、燈路さんのココはこんなにおっきくなってるんですよ?」 透君はそういうと燈路のチャックを開け、男性器をあらわにする。 普段なら透君に怒鳴り散らしかねない燈路が、そんな事をされても一切文句も言わず、ただ杞紗のアヌスだけをマジマジと見続けている。 そして彼のモノは小学生とは思えないほど大きく膨れ上がっていた。 「先に言っていた通り、許されるのはお尻の穴だけですよ。もし、神聖な場所を穢したら…許しませんからね」最後の一言は普段の透君では考えられないような凄みがあった。 その凄みに多少気圧されたのか、コクンと小さくうなずく燈路。そして杞紗の目の前に行き、自らのペニスを杞紗のアヌスにあてがう。 「ヤダ…やめてぇ…燈路ちゃん。お願い…お願いよぉ!!」 大粒の涙を流しながら逃れようとする杞紗 「いい加減に覚悟を決めてください杞紗さん。お姉ちゃんでしょ?燈路さんの事も考えてあげて下さい。」 「ひ、燈路ちゃんの事?」 お姉ちゃんと呼ばれ、フッと燈路を見つめる杞紗。ずっと妹分として楽羅やリン、そして豹変する前の透君に付いてきた杞紗だったが、燈路の前ではほんの少しだけお姉さんになってしまう。 「燈路さん?あなたは誰のお尻の穴に入れたいんですか?楽羅さんや依鈴さんでいいんですか?」 「…イヤだ…杞紗じゃなきゃ…杞紗のお尻が欲しい…」 普段の生意気さも飛んでしまったのか、透君の質問に素直に答える燈路。 それを聞いて、杞紗も自分を愛してくれる燈路への感謝と、自分が年上なんだから覚悟を決めなければという不思議な覚悟が生まれていた。 「杞紗…」「燈路ちゃん…」自然と顔を近づけ、ファーストキスを交わす2人。そして燈路はゆっくりと杞紗のアヌスに挿入してゆく。.

もどかしい刺激にさんざん焦らされ続けた杞紗は、恥じらいさえも捨てて 撥春にすがりつき、涙をいっぱいに溜めて懇願する。 今すぐに激しく奥を突いて欲しいという衝動だけが杞紗を支配し、 ついには無意識のうちに足を突っ張り、自ら上下に動き始めた。 「あぁっ、はぁ、ぃ・・・いぃっ・・・きもちイィ、よぉっ」 恍惚として呟く杞紗のあられもない姿に、撥春の欲望は最高潮に達する。 ワンピースを再び脱がす余裕もなしに深く繋がったまま、 杞紗を仰向けに押し倒し、その両足を抱え上げてぐっと腰を進めた。 「あっ、や、んああぁっ」 体位を変えたせいで、撥春は杞紗のより深い場所へと到達する。 最奥への刺激によって至上の快感を得た杞紗は、身をよじって喘いだ。 杞紗の柔らかな内壁は、絡みつくような動きで撥春を翻弄する。 くちゅっ。ずぷっ。ぐちゅ・・・ 杞紗の内部がひくひくと痙攣を始めたのを感じて、 撥春は最後の仕上げとばかりに、杞紗の小さな肉の芽を指先で弾いた。 「ぁあうっ、ぃああぁぁんっ!」 ひときわ大きな嬌声と共に、背中を限界までそらせて杞紗は達した。 同時にぎゅうっと内部が収縮し、撥春もこらえ切れずに杞紗の中へと精を吐き出す。 一瞬妊娠の心配をしたが、その一瞬後に杞紗はまだ生理も始まっていないことを思い出し、安堵した。.

透:何するんですか? 痴1:抽選でもれちゃって…俺らはオナニー組 男の一人が意味不明なことを言ってくる、何を言っているのか解らない透は 尋ねようとした 透:さっきの薬…んっっ 痴1:効いてきたみたいだぁ… 透の体に快感と熱が走る痴漢達はソレを待っていたと言わんばかりに自分 の物を出しシゴキ始める 痴3:乳首が起ってるよ… 卑猥な言葉をかけられた透はノーブラにニットを着てきてしまった自分を 恥じる様にニットの裾を引っ張った…するとベルが鳴った 痴4:もう終点だ 終点の駅に着いていた透はホッとし震える膝と腰を引きずるように乗り換え た….

… ……… … …. The Man of Steel Vol, フルーツバスケット透夾裏小説.  Kakeru Manabe  2.          …       フルーツバスケット透夾裏小説           !

動きが止まった瞬間に、アキトは素早く腰を浮かせた。 「お前ばかり・・・卑怯だ。」 何事かと、紫呉は身体を起こす。 「出せ」 むすっとしたまま、視線を下に向ける。 「一体な・・・・・・・あー・・・はいはい。」 アキトの考えていることにようやく気付いたのか、紫呉は笑う。 「じゃあアッキーはお口でご奉仕してくれるんだ?」 薄く柔らかい唇に触れながら尋ねる。 「・・・その呼び方、やめろ」 手で唇に触れる手を叩く。否定をしないあたり、本当のようだ。 「できるの、君に?」 「見くびるな」 キッと紫呉を睨みつけるが、多少元気が出てきたとしてもあまり迫力はない。 もはや着ているというよりも羽織っているという状態に近い着物や、 先の快楽により火照っている身体、潤んでいる瞳。 紫呉は可愛いなぁ。と本人に聞こえないように呟いた。 「はいはい。じゃあちゃんとやってもらいましょーか。」 そう言いながら、ベルトに手をかけた。.

夾と、透がラブラブでHありの小説かいてください

紫呉の目的をひと言で表すなら、慊人と結ばれること。これのみの為に行動をしている。 幼き頃に抱いた感情を十年以上も続けているあたり、一途で純情なのかもしれないが、紫呉の場合は少々病的。ワザと慊人を傷付けるような言葉を吐いたりする事もあり、幼馴染で数少ない理解者であるはとりすら「時々本気で慊人を嫌っているように見える」と言う程。. フルバ登場人物はみんな体が細いからなー。 でも、ブラつけとかないと、乳肉(ていうか乳腺)が体幹に吸収されて、 背中や腹に回っちゃうんだよ。 乳腺が背中に回るというのは、子供生んだときにようやく実感した。. 呪いが解けたことに他のメンバーは一様に涙したり、寂しさを感じていたが 「そう…こんな感じ…か」 と、あっけらかん ただ、どこか寂しさが漂っていた。 明確に涙する描写こそないが、もしかしたら…?.

では続きいかせてもらいます。。。 あの日から楽羅は紫呉のことが気になってしょうがなくなっていた。 会いに行こうか、でも顔を合わせるのは少し恥ずかしくて 紫呉家に行けなかった。 その時インターホンが鳴り下から紫呉の声がした 驚いたものの嬉しがってる自分もいて楽羅はドキドキしながら紫呉が くるの部屋で待っていた。 「おじゃましま~す、勉強教えにきたよ」 「勉強?!どうして?!」 「し~!!お母さんにはそう言っておいたんだよ」 いつもどおりのヘラヘラした感じの笑顔で楽羅の部屋に入る紫呉。. 証明終了 こんぴら座の怪人 名探偵コナン オルガマリー・アニムスフィア 牛崎潤美 The Man of Steel Vol. 小説家っぽいとの理由でいつも着流しを愛用し、規則正しい生活をしなくてもいいから小説家になったとも話している。 スーツ姿は胡散臭さが増し、ホストっぽくなる。 酒は飲んでも飲まれないタイプらしいが 「いつも酔っ払っているようなもんじゃないか」 と突っ込まれていた。 趣味は担当イジメ。.

昨日の今日のこともあり、部屋の中は慊人が暴れた面影が残っている。 「熱は治まってきたようだな」 まだ微熱が多少残ってはいるものの、顔は元の血色を取り戻していて顔色が幾分良く見えた。 「・・・・・・・・」 相変わらず苦手なのは変わりないが。 今もひたすら押し黙り、はとりの声が届いているのか分からない。 「・・・・・どこか、具合の悪いところは?」 問いても、答えることなく、障子越しに外を眺めている。 一体この子の瞳には何が映っているのか。 そんな疑問を抱いた。 「・・・・・・・・・・・・大丈夫、みたいだな。」 何もないのならそれで良い、 適当な理由を作って、この場から立ち去りたい、 今の自分はこの子を恐れているのかもしれない…そんなことを思いながら。 見た所、なんともなさそうだ。大丈夫ならば、すぐに出て行こう。 はとりは立ち上がり、部屋を出ようと襖に手をかけた。 「・・・・・・・・・・・・・紫呉は?」 ようやく口を開いたかと思えば、第一声がそれだった。 「・・・風邪をひいて寝てる。」 まさか。と、思ったが内心意外な所を突かれた。 「心配しているのか・・・・?」 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・別に。あんな奴、どうでも良いよ」 長い沈黙の後、ぽつりと呟いた。 「さっさと治して顔出せって言っておいて。」 今日始めて、この子の目に自分が映り、 同時にはとりの抱えた疑問も解けた。 答えは何が、ではなく誰が、というものであったが。 部屋を出て、長い廊下の途中ではとりは小さく苦笑した。.

  • 呪いが解けたことに他のメンバーは一様に涙したり、寂しさを感じていたが 「そう…こんな感じ…か」 と、あっけらかん ただ、どこか寂しさが漂っていた。 明確に涙する描写こそないが、もしかしたら…?. 紫:だぁ~め、それ脱ぐんだったら裸になってもらうよ 透:それは…ダメです… 紫:じゃあ裸エプロンになってくれるんだったらそれ脱いでもいいよ 紫呉が意地悪く笑うと透は頷き部屋に戻り着替えようとした、すると 紫:ココで着替えて…ネッ 透はそれに従った、 部屋の明るい電気の中透が後ろを向くのも許さない紫呉、透は恥ずかしさのあまり震えている 紫:透君てばまた濡れているよ…ココもこんなに興奮しちゃって 紫呉は透の乳首をつつく 透:あぁぁん 透はそんな目に遭いながらもエプロンを着た、しかし紫呉の用意したエプロンは白く少し透けている 透:コレは何ですか? 透はエプロンの裾の真中から不自然に伸びる紐を指した 紫:コレはこう使うんだよ… 紫呉はすくっと立ち上がると紐を天井に縛った 紫:座ってごらん 透:はいっ…ってこれではエプロンが上がってしまいますぅ 紫:そういうこと.
  • フルバ登場人物はみんな体が細いからなー。 でも、ブラつけとかないと、乳肉(ていうか乳腺)が体幹に吸収されて、 背中や腹に回っちゃうんだよ。 乳腺が背中に回るというのは、子供生んだときにようやく実感した。.

. Ritsu Soma  1    Kureno Soma  .

ベストアンサーに選ばれた回答

表面上は平然としているが、紫呉は内心かなり焦っていた。 まさか彼女の涙をこのような形で見ることになるとは夢にも思わなかっただろう。 「何が?」 少しでも宥めようと、両腕を拘束している帯を緩める。 手首は薄っすらと紫がかっていた。 「いつも、っ、高い・・・とこ、から・・・見下して・・・」 いつも訳の分からない事を言って、恐ろしくて、我侭で、乱暴な、狂っているような、少女。 だが、彼女の中のまだ、『子供』の姿が垣間見えたような錯覚に捕らわれた。 「・・・追い、つけ・・・な、くて・・・っ」 自由になった手は紫呉の腕を必死に掴んで離さない。 「嫌だ・・・嫌だっ、いや・・・だ・・・」 きっと、いつもと調子が違うからこんな事を言っている。自分にはそう言い聞かせている。 けれども、それは『自分と同じ視点でありたい』ということだと解釈して良いのだろうか? 他人の玩具をねだる子供と同じような発想にすぎない彼女の発想が、 自分には自分と同じ視点でありたい、同じ立場でありたいという特別な発想に聞こえ、 それほどに彼女と自分の視点はあまりにも遠い所にあるのかもしれない。 けれど、 「・・・・・・いつか、同じようになれるよ」 そう呟いて。2本の指が既に濡れているそこに侵入させた。.

終わりです つまらないものを書いてしまってすみません。 楽しんでいただけたら幸いです。 続きもリクエストがあったら書きま~す。. htm 誰でもいいから、これを参考にして小説を書いてほしいよ。.

…… ….                .

フルーツバスケットのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

先程 言った通り、私は貴方が謝罪しようが逆ギレしようが「最低」として見るので。こんなの、軽い 代償でしょう? 本田透です。 最近では草摩家の方々の呪いも完全に解けた訳ではないのですが 慊人さんとの確執のようなものがなくなり、 みなさんは晴れて自分の進路を見つけ進んでいるところなのです。 私はというと晴れて夾君と両思いになったところでありまして… 夾君と一緒にいると、 胸がドキドキしたり、幸せな気持ちになったり、時には落ち込むこともあるのですが、 本当にとっても幸せなのです! でも少しさみしいとも思うようになりました。 もう少し夾君と近づきたいのです…いけませんか? もう少し触れ合いたいと思うのは私がその・・・エッチだからでしょうか?? 手も繋いでくれない夾君に少し不安になってしまうのでした…。 私に女としての魅力がないのでしょうか・・・? 今までこんな気持ちになんてなったことないのに。 どうしてでしょう?すごく不安なのです。.

あ、私「ww」って普通の会話でも嫌いですから、荒くなりますね。  まあ、私も親から「愛」をもらっていれば貴方のように言いましたね。私、母に言葉の虐待と プレッシャーを受けていて、いつの間にかに、いつ自殺しても変ではない状況になったんです。 今も結構不安定ですけどね。その時、スパンキング小説、カナ・エルさんのウェブに辿り着きまし た。本当は全然違うことを検索したのですが。 他の人とは違うことです。胸を張れることでは確かにありません。ですから、自己責任バックの こともキチンと記載しました。「自己責任」つまり、気分を害されたのであればそれは貴方のせ いです。無茶苦茶ですが、私はそう書きましたので、一切それについては聞き入れません。  ま、一応私の言いたいことは言いましたので、何かありましたら「hoge」しての書き込みを してくださいね.

楽羅の声が震えているのを聞いてはっとした。 てっきり立ち直ったものと思って無神経なことを言ってしまったのだ。 「ごめ……っ」 あわてて謝ろうとしたら、背中にしがみつく力が強くなった。 「ゆんちゃんだって、平気なわけない!」 「楽羅?」 「ゆんちゃんちゃんと透君のこと好きだったよ」 「楽羅」 「わかるの!私、わかるんだもん。ゆんちゃんも淋しいって顔してるよぉっ」 「楽羅……」 背後から抱きしめられて、由希は言葉を返すことができなかった。 おかあさんを求めていたんだ、彼女に。 おかあさんみたいに受け止めてくれたんだ、彼女は。 気がついたら頬が濡れていた。 それでもやっぱり好きだったんだと今わかった。 無理矢理後ろを振り向いて、抗おうとする楽羅を抱きしめた。 楽羅は泣きじゃくりながらしっかりと背中に手を回してくれた。 互いに互いを抱きしめ合って、嗚咽をもらしながら涙を流す。 しゃくりあげる声にここが道端であることを思い出した頃、由希は腕の中のからだが思いの他細いことに気がついた。 こんなにも細いからだで淋しい思いを我慢していたのかと思うと腕に力をこめずにはいられなかった。 「ゆんちゃん……」 楽羅もぎゅっとしがみついてきた。 「淋しいの」 「楽羅」 背中をつかむ力は強いのに、華奢な肩は小刻みに震えている。 「淋しいの……」 涙で濡れた胸元にますます顔を埋められ、痛いくらい吐息を意識した。 そういうことには疎いけど、求められているんだと思う。 からだがかっと熱くなった。.

ww   フルーツバスケット透夾裏小説. : : : : :…. …… ………… ………… ……. jpg .

いつでも画像が探せる!

草摩 楽羅 Kagura Soma 【かぐらちゃん】 一番家族に恵まれており幸せに暮らしている。 夾とは小さい頃からの知り合いで夾のことが好き。 十二支の物の怪亥 イノシシ に憑かれており異性に抱きつかれると小型猪になる  草摩 依鈴 Isuzu Soma 【リン】 母と父から絶縁され、楽羅の家でお世話になるがあまり帰らない。 發春と付き合っており、發春を十二支 呪い から解放するために頑張っている 母や父を恐ろしく思いたまに気が狂ったりもする 透に母を求め、仲が良く發春以外唯一なついている人物 十二支の物の怪午 ウマ に憑かれており異性に抱きつかれると馬になる.

普段は大人しい彼女が足をばたつかせ腕を振り回した。   ガッ 「っつ…っ。」 偶然杞紗の振り回した左腕が撥春の頬に当たった。 「ぁ…ご、ごめんなさ…」 反射的に謝ろうとする杞紗の左腕を取り撥春は自分の腕と絡めた。 (何を…) 一瞬疑問が起こったが  ボクン 鈍い音がして杞紗の肩が制服の上でも分かるくらいに不自然に盛り上がった。 「ああああああああああああああああ!!!!!!!!」 初めて聞く杞紗の絶叫。肩の関節が外されたのだ。 「痛い痛い痛い痛いいいいいいい!!!!」 普段の彼女からは想像できないような叫び声をあげる杞紗。 (マズイな…声が外に漏れる…。) 撥春はゆっくりと自分の拳を持ち上げた。 (お兄ちゃんの手…) 『やっと声、聴けた…』そう言って優しく抱きしめてくれたお兄ちゃんの手…。 (あったかい…) 撥春の腕の中で安心できたあの時…。 その手が拳を創り自分の顔に向かって。 拳はひどくゆっくりと見えて…  ガンッ!! 部屋に鈍い音が響いた。.

トサッ。 地面に転がされ、透は上から覆い被さる。 「宴だけが倖せじゃないです・・・すべてが、倖せだと思いませんか・・・」 慊人のモノを自ら、体内に押し込んでゆく。 生暖かい感触が、慊人を包み込んでいった。 「------っ!!」 「あぁぁっ、お、大きいですっ・・・中がいっぱいになってしまいましたっ!!」 汗だくになりながらも、透は腰を打ち付けてきた。 「ぐっ・・・淫乱女め、このまま子供でもできたらどうするんだい?」 せめてもの反撃、と慊人が言葉をかける。 だが、透は汗にまみれて笑うだけだ。 「ひとつの命ができるのも・・・倖せですっ・・・!!私がおかあさんになれるんですから」 段々と腰の動きが速くなる。 既に二人とも、限界の域に達していた。 「愛しても無い男との子でも倖せなのか!?」 「慊人さんとなら、大丈夫です・・・本当に悪い人ではないと思うのですっ・・・」 いつのまにか、快楽を追って慊人の腰も動き始めていた。 愛液と精液が混ざり合って、いやらしい音があたりに響いている。 「あぁ・・・慊人さんっ!!あきとさんーーーっ!!!」 透がいっそう高い声をあげたと同時に、慊人は中で白い飛沫を飛び散らせた。 そのまま気絶してしまった慊人を、そっと浜辺に寝かせる。 海の音と、静かな寝息だけが聞こえていた。.

JavaScript Yahoo.          フルーツバスケット透夾裏小説                  . jpg .


Facebook
Twitter
コメント
Miki 14.08.2020 06:03 答える

慊人が女だと判明して紫呉と・・・の展開で、特にカップリングは意識せず ぐれさん単独で好きだったフルバが更に好きになりました。 二人とも天邪鬼だから好きw 確かに泥沼ではあるけれど・・・。 またお願いします!.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 mannadabholkar.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.