ヒソカ クロロ 漫画

発行者: 13.08.2020

ただ他はノブナガやフィンクスなど意外と強化系も多いので、意外と役に立たない能力も多い気もしますが。例えばボノレノフは踊り、フランクリンは指の切断など、念能力としては強力だけれども一方で制約も多い。強いて 役立ちそうな念能力と言えば、シズクの掃除機(デメちゃん) あたりか。. 詳しくはネタバレしませんが、ざっくりまとめると 『ドカベン』の土佐丸高校vs弁慶高校編の展開 を『ハンターハンター』の中でも描きたかったそう。『ドカベン』を深くは読んでないので正直コメントしにくいんですが、他にも『シグルイ』のキャラクター・岩本虎眼を参考にしたらしい。.

yamashiro

もともと、 ヒソカは幻影旅団の一員 でした。しかし、それは 「クロロと戦いたいから」 という理由の ヒソカの「嘘」の入団 です。 当時は読者全員が騙されていましたが、ヒソカの蜘蛛のマークである入れ墨は、 【薄っぺらな嘘】による偽造マーク でした。 ことあるごとにクロロとの対決を望み、逃げられるヒソカでしたが、前述した クラピカとの件で状況は変わります 。 クロロは、ヒソカに 「対決」を報酬に除念師の捜索を依頼 します。 団長のことを「 戦いたい」という一心で恋焦がれているヒソカ は、クロロのために隠密に行動をします。 そして、ヒソカは 除念師を求めてグリードアイランドに到着 することになります。 このヒソカの除念師探しの旅、グリードアイランド編も紹介していきます。. ゴンたちはボマーを倒すにあたって、「落とし穴(横穴付き)を掘る」「巨大な岩をカードにしておく」「ガソリンをカードにしておく」「仕掛けた場所に ゲンスルー 単体を誘導する」といった条件を 全てクリアした ことで初めて優位に立ちました。同じようにクロロも必勝の作戦を練ってきたわけです。.

流星街の長老をヒソカが見つけた ヒソカとクロロが戦っている会場に、流星街の長老らしき人物がいた。それをヒソカが見つけて疑問に思うかのような描写がある。長老は対象物に対して爆発を起こす能力「番いの破壊者」 サンアンドムーン をもっており、ヒソカに対する爆破攻撃を長老がしていた可能性が極めて高い。. シャルナークがコピー人形の操作 議論の余地あり クロロがケータイで言葉でコピー人形に攻撃指示をしつつ、なぜかケータイでテキストを打って攻撃指示をしているような描写がある しかもケータイのボタンの形状が微妙に違う 。そのことから、次の予測が考えられている。.

これに加えて、連載時のアンテナの形状からブラックボイスと別に「イルミが針で操作していた」説や、流星街の長老を観客席に発見したとする派により「サンアンドムーンが死後の念は嘘」説などがあります。あらためて明言すると僕は その全てに懐疑的 で、理由については下記エントリーにまとめています。そして、34巻の解説で検証が大体あっていたと感じました。.

34 .

  • コルトピ : ギャラリーフェイク の持ち主。 共闘 のケースでは、 戦闘中に能力を返してもらい せっせと観客のコピーを作っていたことになります。真っ先に思い浮かぶ疑問は「クロロ返す必要ある?」てこと。1人でできるのに、 スタンプ や刻印を押さないと戦闘の役には立たない、バレたときに試合が不成立になりうる、不慮の事故でコルトピが退場したら強力コンボが使えなくなるといったリスクを抱える必要があるのでしょうか。細かいところでは試合後、マチの前金もらってた発言に対するツッコミ「団長と闘うのにそんなのマチがもらうワケないじゃん?」。この「団長と」が「ぼくらと/旅団と」なら惜しかった! そして最大の矛盾点は手伝ってた場合、偽クロロを捕まえた際の ヒソカ の驚愕「まさか…不可能だ…!!
  • 結果的に、試合前から 終始一枚上手であったクロロ 。ヒソカに対応させる隙を与えずにジリジリと迫っていきます。 人形爆弾の波状攻撃の中、ついに 手を破壊 され、 足も破壊 されるヒソカ。 それでも、 残っている手と足を使い 【伸縮自在の愛】で 人形爆弾からの包囲網を抜けよう ともがきます。 しかし、クロロは生きている 本物の観客を投げ当てる ことで ヒソカの逃走を阻止 します。 逃走可能な天井に【伸縮自在の愛】を伸ばすことを阻まれ、 人形爆弾に囲まれ大型の爆発 に巻き込まれてしまいます…。. マチ : 共闘 説によると、序盤の観客からシャルのアンテナを回収する役。 それだけ?  もっと手伝えよ! 本当に参戦していたのなら、応用が効く能力なのだからいろんな局面でサポートしたり、それこそコンバートハンズで不意打ちしたりできたはず。ちなみに手伝ってた場合は ヒソカ の遺体を前に「ごめん」と呟いたり、拘束されたときに「バレたか」的な反応をしたのではないでしょうか。.

出典:amazon MS! 後述する能力とは異なり、この能力は 【盗賊の極意】にプラス されたもので、正真正銘 クロロの能力 なのです。 その内容は、 本に栞を挟む ことによって、そのしおりを挟まれた ページの能力は本を閉じていても使える というものです。 これにより、クロロが盗んだ能力を使う際には 「右手で本を持っていなくても栞を挟んだページの能力は使える」 というメリット。 そしてもう一つ 「栞のページと本を開いているページ2つの能力を使うことができる」 ようになっています。 この能力を手に入れるために新たな制約が増えたようですが、それは語られていません。 この能力についてクロロは 素晴らしいと言い 、ヒソカも 面倒な(すばらしい) と表現しています。 そして、この能力を使うことで 活きてくるのが 盗んだ能力 です。続いてはクロロが対ヒソカのために 用意した(盗んだ)能力の紹介 です。.

ジャンプGIGA vol. 共闘 説は果たしてこの作業に耐えられるのか!?  何となく「 共闘 ……ありえる」と思っちゃった人は以上を踏まえてもう一度作品にあたってみてください。ちなみに「岸本さんとの対談」というのは ジャンプGIGA vol. しかも、この念獣は人(念能力者)によって見えたり見えなかったりする。クラピカ曰くまさにカオス。ましてや 「十二支ん」だったパリストン(一味)ですら、この事態どころかカキン王子たちの継承戦争について全く把握してない 。混沌が更なる混沌を生む。.

自分も『シグルイ』は面白そうなマンガだとは思ってるんですが、未だに読めてない。いずれ おすすめ格闘マンガ かおすすめ歴史マンガのランキングに『シグルイ』を入れるかも知れません。. 結果的に、試合前から 終始一枚上手であったクロロ 。ヒソカに対応させる隙を与えずにジリジリと迫っていきます。 人形爆弾の波状攻撃の中、ついに 手を破壊 され、 足も破壊 されるヒソカ。 それでも、 残っている手と足を使い 【伸縮自在の愛】で 人形爆弾からの包囲網を抜けよう ともがきます。 しかし、クロロは生きている 本物の観客を投げ当てる ことで ヒソカの逃走を阻止 します。 逃走可能な天井に【伸縮自在の愛】を伸ばすことを阻まれ、 人形爆弾に囲まれ大型の爆発 に巻き込まれてしまいます…。.

  • また、これまでの ハンターハンターのアニメ版を視聴したい場合には、HuluやU-NEXTがおすすめ です。 そのほかの 違法動画サイトなどでの視聴 は、 違法行為 に当たりますし、 音楽や画質もどうしても劣化 している状態で見なければいけません。 良い作品を良い状態 で見ることがいちばん楽しめる方法ですので、公式で視聴できる方法を使うようにしましょう。 また、 クロロvsヒソカを見たい という場合には原作の 単行本34巻 を読みましょう。 この巻の冒頭からちょうどこの戦いが始まります。ですので、前後の巻を読む必要もないので、この戦いだけ見たい場合には 34巻の購入 をおすすめします。 さらに、 幻影旅団のメンバーは暗黒大陸に向かっています ので、今後のハンターハンターの動向も見逃せません。. もともと、 ヒソカは幻影旅団の一員 でした。しかし、それは 「クロロと戦いたいから」 という理由の ヒソカの「嘘」の入団 です。 当時は読者全員が騙されていましたが、ヒソカの蜘蛛のマークである入れ墨は、 【薄っぺらな嘘】による偽造マーク でした。 ことあるごとにクロロとの対決を望み、逃げられるヒソカでしたが、前述した クラピカとの件で状況は変わります 。 クロロは、ヒソカに 「対決」を報酬に除念師の捜索を依頼 します。 団長のことを「 戦いたい」という一心で恋焦がれているヒソカ は、クロロのために隠密に行動をします。 そして、ヒソカは 除念師を求めてグリードアイランドに到着 することになります。 このヒソカの除念師探しの旅、グリードアイランド編も紹介していきます。.
  • 続いて、もう1人の 大人気悪役ヒソカ=モロウ についても紹介していきます。 ヒソカはハンターハンターの比較的に 初期の段階から登場 し、主人公ゴンを何度もからかってきた人物です。 ヒソカ自身はゴンと同期のハンターですが、現段階での 実力は圧倒的で作中でもかなり上位の実力者 なのです。 また、ピエロのような外見をしており、性格もそれに合わせるように嘘が多く、常に飄々としていて掴みどころがありません。 さらに、戦闘においては 好敵手に出会うほど興奮 し、絶頂を迎えるその姿が狂気じみています。しかし、その狂気こそがヒソカがここまで人気キャラになった要因なのです。 ヒソカは、絶好の強敵クロロと戦いたいという欲のみで幻影旅団に入ったり、グリードアイランドにクロロのために潜入したりしています。 そんなヒソカの 念願 とも言える クロロとのタイマン が ハンターハンター34巻で実現 します。その内容に入る前に、 ヒソカの念能力 についても見ていきましょう。 ヒソカは、 変化系の念能力者でその能力は2つ あります。.

23. amazon.

\おすすめの動画配信サービス/

自分も『シグルイ』は面白そうなマンガだとは思ってるんですが、未だに読めてない。いずれ おすすめ格闘マンガ かおすすめ歴史マンガのランキングに『シグルイ』を入れるかも知れません。. この戦いは、 ハンターハンター史上トップクラスで複雑な戦い なのです。 ですが、そんな死闘を読み解くために クロロの能力を理解すると楽しく読むこと ができます。 前述のようにもともとは 【盗賊の極意】を持っていたクロロ 。その能力は戦闘時「 本を右手に持たなければならない」という制約 がありました。 また、今回の戦いではクロロは新たに集めた能力しか使いません。もしかすると、これまでに集めていた能力はなくなっているのかもしれません。 今回、以前の能力については言及されていません。 ただし、今回使う能力はすべて 「ヒソカに絶対に勝つため」 に集めた能力です。 万全の準備をしてきているクロロですが、ひとりのハンターに対して使う能力の数が 史上最多 とも言っています。 それだけヒソカは強敵で、クロロにとっても 要注意人物 であることがうかがえます。 それでは、実際にクロロが集めた能力ですが、まずは 【盗賊の極意】 にプラスされた 新たな能力 から紹介します。.

出典: amazon.

2 1. ……. 2 2 .

クロロが勝てたのは準備万全だったから?

引用するにはまずログインしてください ログイン 閉じる. 出典: amazon. クロロ、団員と 共闘 して ヒソカ をハメてた. ハンターハンターが大好き!そんな皆様お待ちかねの大決戦、 クロロvsヒソカがついに原作で描かれました 。 しかし、その内容は複雑で 「これ一体どういうこと?」 と思った読者が相当な人数に登りました。 そこで、今回この記事では クロロとヒソカの関係性 から、この2人の 戦いを読み解くポイントを紹介 していきます。 そしてこの戦いをしっかり読み解くと、この戦いに 隠された秘密 も見えてきます。 この戦い実は クロロvsヒソカという単純な構図ではない かもしれません。今回はそ の考察も含めて紹介 していきます。 この記事を読み終える頃には、 この戦いを人に勧めたくてしょうがない気持ちになりますよ !.

ドルジ・ロビンソン(ドルジ露瓶尊)。ドルジくん。 漫画ブロガー。自動車ブロガー。Dの一族。 これまでレビューした漫画コミックの数はタイトル以上。読んだ漫画の数は2万冊以上。カイドウの悪魔の実の正体など、『ワンピース』といった有名漫画の考察を数々当てる。 現在はマンガ考察サイト『ドル漫』と自動車情報サイト『カーギーク』をメインに運営中。.

2030 .

『ハンターハンター』ヒソカVS幻影旅団の団長クロロの戦いを解説!

そして、 ヒソカが大きな爆発に巻き込まれた ところで戦いは終わります。 さらに、次の話が始まるとなんとまさかの ヒソカ死亡という決着 に。 片腕や片足もなくし 、 顔の皮膚もほとんど無くなっている ような状態でした。 幸いなのか、クロロが大量に作った人形が緩衝材の役割を果たし、 ヒトとしての形は留めたまま発見 されました。 そして、ヒソカの周りのは クロロ、シャルナーク、コルトピ、マチ の姿がありました。 このことも、 クロロの共闘説 が大きな話題となった要因の一つです。. また、これまでの ハンターハンターのアニメ版を視聴したい場合には、HuluやU-NEXTがおすすめ です。 そのほかの 違法動画サイトなどでの視聴 は、 違法行為 に当たりますし、 音楽や画質もどうしても劣化 している状態で見なければいけません。 良い作品を良い状態 で見ることがいちばん楽しめる方法ですので、公式で視聴できる方法を使うようにしましょう。 また、 クロロvsヒソカを見たい という場合には原作の 単行本34巻 を読みましょう。 この巻の冒頭からちょうどこの戦いが始まります。ですので、前後の巻を読む必要もないので、この戦いだけ見たい場合には 34巻の購入 をおすすめします。 さらに、 幻影旅団のメンバーは暗黒大陸に向かっています ので、今後のハンターハンターの動向も見逃せません。.

ちなみに『ハンターハンター』34巻のなかがきには、幻影旅団のメンバーの本名が書かれてるので是非チェック。画像はコルトピ。若干髪の毛が短くなってクラスに一人はいそうなインキャにしか見えませんが、アルファベットから推察すると本名は「 コルトピ・トノフメール 」と読むのか。. ドルジ・ロビンソン(ドルジ露瓶尊)。ドルジくん。 漫画ブロガー。自動車ブロガー。Dの一族。 これまでレビューした漫画コミックの数はタイトル以上。読んだ漫画の数は2万冊以上。カイドウの悪魔の実の正体など、『ワンピース』といった有名漫画の考察を数々当てる。 現在はマンガ考察サイト『ドル漫』と自動車情報サイト『カーギーク』をメインに運営中。.

yamashiro .


Facebook
Twitter
コメント
Hisoka 16.08.2020 17:43 答える

一応もう少し説明しておくと、ヒソカは意味もなく凶行に走ったわけではない。何故ならクロロとの再戦を考えると、今の内から 脅威となる他の旅団員の念能力を排除しておく必要 がある。特に今回の二人の死闘では、まさにシャルナークとコルトピの念能力が勝敗の鍵を全てを握っていたとも言えます。. この戦いでは 数多くのクロロの作った人形 が出てきます。 しかし、その人形は【神の左手悪魔の右手】で作成されているため、 異常な速さでの増加は不可能 とヒソカは考えています。 途中、クロロの超人的スピードも十分に考慮したうえで、いま20体くらいか、いま30体くらいかと 人形の作成数をヒソカが予想 しています。 しかし、実際に現れた 人形の数は実に体を超える数 となっていました。 これには、ヒソカがクロロの能力を下に見誤っていたということになり、挑発こそすれども相手をなめるようなことはしないヒソカらしからぬ 誤算 でした。 また、ヒソカは常々出会う人々の強さを点数にして評価する癖を持っていますので、この ヒソカの勘違いに関しては違和感 を覚えます。.

Maimi 21.08.2020 15:44 答える

続いての能力は【 薄っぺらな嘘】(読み:ドッキリテクスチャー) です。これは 自分のオーラを様々な見た目に変化させる能力 です。 ヒソカはこの能力で幻影旅団に潜入の際に、 蜘蛛のマークをドッキリテクスチャーで背中に貼っていました 。 また、 ちぎれた手をドッキリテクスチャーで表現 して相手に動揺を与えたり、グリードアイランド編では ガードを偽装することに使用 したりしていました。 この能力は あくまでも質感を表現しているだけ にすぎませんので、覆っている部分を触られてしまうと、 すぐに気づかれてしまいます がだからこそヒソカは 騙しがいがある と 気に入っている能力 なのです。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 mannadabholkar.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.