ル・ グウィン 短編

発行者: 19.08.2020

後に映画の仕事に関わり、年に『天のろくろ』が The Lathe of Heaven としてテレビ映画化された(年放送)。また、前衛作曲家の デヴィッド・ベッドフォード と共同で Rigel 9 という リブレット を制作した。これは スペースオペラ を本当の オペラ に仕立てたものである。 ジェイムズ・ティプトリー・Jr. SF 、 ファンタジー.

女性ファッション (94). ホラー (1,). Posted by ブクログ 年01月29日. 短編集。ル・グィンが書いたファンタジーおよびSF短編、計十七篇を集めた本。中には、ゲド戦記や闇の左手、所有せざる人々、ロカノンの世界など、ほかの長編のもとになった短編がちらほら混じっていて、ファンには嬉しい一冊。  抽象的すぎたり、文章が固くてとっつきにくい作品も、なかには若干混じっているのです 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

続きを読む 議さ、視野という枠がある故に不可能であるものの見方について。ハムレットの下りははっとさせられた。. SF 、 ファンタジー.

Posted by 0303. 11.

アーシュラ・クローバー 年 10月21日 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 バークレー.

エントリーは2200を超えているので、記事一覧よりもカテゴリー「INDEX」をご覧ください。

資格 (). 女性コミック誌 (). 検索履歴 すべて削除. すべてのラノベ (10,). 辞典 (). 文化人類学的SFの泰斗、ル・グィンの短編集。初期の作品をほぼ発表順に収録しており、作家本人に寄る解説もそれぞれに添えられていて、ある意味贅沢な短編集です。 これ、鴨は10代の頃に旧版を読んでおりまして、ファンタジー系の「解放の呪文」「名前の掟」はいまでも覚えております。子供の頃は「ファンタジーなの

  • すべてのラノベ (10,).
  • 看護学 (). 映画・音楽・演劇 (1,).

SF SF [2] [3]. Summer, pp.

デザイン・アート (35). 農業・農学 (89). カテゴリ : 20世紀アメリカ合衆国の女性著作家 21世紀アメリカ合衆国の女性著作家 アーシュラ・K・ル=グウィン アメリカ合衆国の女性小説家 アメリカ合衆国のSF作家 アメリカ合衆国のファンタジー作家 アメリカ合衆国の女性児童文学作家 アメリカ合衆国のアナキスト アメリカ合衆国のフェミニスト SFとファンタジーの女性著作家 世界幻想文学大賞受賞者 ヒューゴー賞作家 ネビュラ賞作家 ローカス賞作家 ドイツ系アメリカ人 バークレー出身の人物 年生 年没.

Posted by 0129! : 20 21 K SF SF .

フリーペーパー (0). ハヤカワ文庫年復刊フェア書目。 『ゲド戦記』で有名なル=グウィンの短篇集。但しハヤカワではル・グィン表記。 若い頃に何冊か読んだ記憶があるが、本作は未読だと思う。長篇の元になった短篇あり、それだけで完結しているものあり、作風のバリエーションも広く、面白かった。 初期の短篇を発表年代順に並べたもので、各短篇の冒頭には序文がついている。序文の長さは様々だが、作品を書くきっかけになった出来事や、簡単な解説になっていて、こちらも興味深い。 自分でも理由はよく解らないのだが、不思議なことに、ル=グウィンとタニス・リーがだいたい同じカテゴリにいて、何か共通点があるようにずっと感じている。考えてみたがやっぱりよく解らない……どちらも女性でファンタジーを書いている、とかそういうことじゃないのだけは確かだw.

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

Hollins Critic 11 2 : 1. BBC 124.

この記事が入っているマガジン

男性向けコミック (29,). ミステリー・サスペンス (11,). 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

……      . 10.


Facebook
Twitter
コメント
Yoshito 28.08.2020 20:13 答える

続きを読む 篇の部分を切り取った』 ものであるという表現が適切。 正直、彼女の世界観がとても好きな自分でさえ 受け付けられない部分や、理解し辛い部分があった。 短編としてその作品だけ読むには表現しきれておらず不完全な物が幾編かある。 ただ、こうしてまとめて読むことで多少なりともそれが緩和され、 ル・グィンという世界の空気感を味わうことが出来る。 個人的にはゲドの2巻の、あの陰鬱とした暗く混沌とした、 それでいてどこか美麗さを感じるあの雰囲気を 増幅したように感じる文章だった。 ファンタジーとしてとても素晴らしいし、発想もまた秀逸。 私は、『冬の王』『九つのいのち』『帝国よりも大きくゆるやかに』 が特に好きだった。 冬の王では、退位させること・させないことのどちらが陰謀なのか どちらとも考えられることに気付いたとき、さりげない空恐ろしさを感じた。 帝国~ではエンパスの描き方に興味を恐怖を掻き立てられた。 クローン実験について一家言あるつもりの自分は 九つのいのちの 「君は自分にむかって、おやすみを言うか?」 という言葉が胸に突き刺さった。. Posted by ブクログ 年09月17日.

Anka 28.08.2020 20:16 答える

Summer, , pp.

Masashi 24.08.2020 13:05 答える

ホビー&カルチャー (). 日本文学 (4,).

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 mannadabholkar.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.