サスケ うち は

発行者: 19.09.2020

須佐能乎の弓矢の最終進化形態。 九体の尾獣全てから吸収したチャクラを完全体須佐能乎に写して矢に収束させ、更にそれに雷遁を乗せて雷の矢を放つ。 ナルトとの必殺忍術との衝突の際には天変地異染みた光景と凄まじい余波による大規模破壊を齎した。. このフィクションに関する記事は、 全体として 物語世界内の観点 に立って記述されています 。 関連するスタイルマニュアル を参考に、 現実世界の観点 を基準とした記事に 修正 してください。 ( 年10月 ) ( 使い方 ). うちは一族の天才の例に漏れずサスケもまた写輪眼の継承者であり、それに目を付けた 大蛇丸 から、中忍試験の最中に「天の呪印」を刻まれてしまう。以降、チャクラを大量消費しようとすると、一時的にパワーアップする代わりに全身を呪印に侵食されてしまうというハンディを背負うことになる。.

一部から二部までの間に 大蛇丸 の下で剣術を会得。 二部中盤では、首斬り包丁を使ったビーの攻撃に写輪眼すら出さずに対処して蹴りを入れて見せたものの、ビーが七刀流に切り替えると一転、写輪眼を出しても防ぎきれず刀で刺されてしまった。. アニメOP ラブソング. Home Sweet Home Ding! うちはに伝わる 血継限界 。高い洞察力を発揮し、視認した術をコピーできる他、目を合わせるだけで幻術を掛けられる便利能力。12歳で写輪眼を開眼、16歳でイタチの死をきっかけに万華鏡を開眼。 なお写輪眼に関しては、7歳の一族抹殺時、里抜けするイタチにクナイを浴びせた一瞬だけ発動が確認出来る。勾玉模様は1つしかなかったが。 尚、勾玉模様が3つになって以降も五影会談時にはエーの動きすら目で追うことが出来なかったものの、大戦では飛び回る六道オビトの動きを目で追えるまでになった。 酷使により失明しかけたが、イタチの眼球を移植することで「永遠の」万華鏡写輪眼へと昇華した。.

サスケ真伝 さすけしんでん. 第七班の僚友。三すくみの「蛞蝓」。当初から想いを寄せられていたが、復讐しか頭になかったために相手にしておらず、 ナルトのことを恋路の邪魔とみなし家族がいないことを侮辱交じりに揶揄した彼女に「うざい」と言い放った。 しかし、自分が里を抜けても敵対関係になっても一途に想い続けたサクラの気持ちに感じ入るものがあったのか、大戦後に結婚し、一子を儲けている。. 輪廻眼を得たことにより生き永らえる手段をいくらでも編み出せるようになったサスケは、忍界を結束させるための「仮想敵」としての統治者となることを目論み、己の身一つに全ての憎しみを背負い、それによって忍界を結束させ続けることを考えていた。 サスケにとっての「火影」とは、五里全ての闇を己の 炎 で焼き尽くしその灰を喰らって生き続ける、文字通りの「 影 」の存在であった。.

10 .

暁への参戦以降は、冷酷なサスケに陶酔していた香燐でさえ恐怖するほどの禍々しいチャクラを放っている [7] 。暁への加担、雲隠れのキラービーの襲撃と捕獲、更にはダンゾウの抹殺のみを目的とした鉄の国の五影会談への強襲などを起こす。更に仲間であっても復讐の邪魔になるようなら笑いながら葬ろうとした。木ノ葉のかつての同期生や第7班(ナルトを除く)のメンバーも止むを得ないとの考えに至り、木ノ葉をこの手で始末することを決意。一方、サスケと直接対峙したナルトも、自らの手で決着をつけ助け出す事をカカシやサクラの前で宣言する。だが、イタチの真実や里の大切さを知ったことで多少なりとも正気を取り戻し、対決前に共闘をすることになる。.
  • 第七班での上官。得意技の「千鳥」は彼から伝授された。 うちは一族ではないものの写輪眼を持っており、最も身近にいた「写輪眼使いとしての先輩」でもあるが、 万華鏡に開眼して程ない復讐に染まり切っていた頃は、「うちはでない者がそんなものを持つな」等とボロクソに貶していた事もある。また口下手なため、口上手な部分は尊敬している。.
  • イタチに呼ばれ、旧うちはのアジトの一つへ出向いたところで、万華鏡写輪眼に関する歴史とうちはマダラのエピソード、そして一族抹殺のあの日にイタチが口にした「もう一人の万華鏡開眼者」がマダラであることを聞かされ、この戦いが万華鏡写輪眼を巡る眼の奪い合いだと喝破される。 それによって過去に見切りをつけたサスケは、緒戦の幻術の掛け合いでイタチの月読を遂に破る。続く全力の戦闘では影手裏剣で足を負傷させ、雷遁・麒麟の発動の際、火遁で積乱雲を作る行程で火傷を負わせた。. CHEHON MOTHER さよならメモリー I Can Hear 夢を抱いて 〜はじまりのクリスロード〜 ブラックナイトタウン 虹 FLAME Never Change feat.

繧ュ繝」繝ウ繝壹・繝ウ縺翫h縺ウ霑ス蜉諠・ア

Here We Go! 主人公 ・ うずまきナルト の親友にして、宿敵ともいえるほどの ライバル [4] [5] 。また、この作品におけるもう一人の主人公的存在。 三大瞳術 の一つであり、一族特有の瞳術である 写輪眼 を受け継ぐ木ノ葉で最も強い伝説の「うちは一族」の末裔。後に 大筒木インドラの転生者 であることを六道仙人から知らされることになる。.

関連用語・登場人物 一覧 人物 暁 尾獣 術 ( 血継限界 口寄せの術 ). と千鳥鋭槍でダンゾウの急所を香燐ごと貫いた。直後、香燐にトドメを指そうとしたところでサクラと再会。 自分も連れていって欲しいと言うサクラに、木ノ葉を裏切る証に虫の息の香燐を殺せと命令。固まるサクラを背後から千鳥で殺そうとするが、駆け付けたカカシにより妨害され失敗する。 その後、カカシと交戦。憎悪の爆発で須佐能乎を第三段階へ移行させるが、短期間に乱用しすぎたのがアダとなり、万華鏡の視力低下が限界に来てピントが定まらなくなった上に須佐能乎の維持も出来なくなってしまう。 その隙にサクラがサスケの背後に回り、毒クナイで仕留めようとするが、サクラは長年の想い人を殺すことに涙し直前で刺せず止まってしまう。 サスケは彼女の握るクナイを奪い、逆にサクラを殺そうとするがナルトの登場で再び未遂に終わる。 千鳥と螺旋丸の打ち合いになり、両者の中に宿るインドラとアシュラの存在を感知したナルトの「このまま戦えば二人とも死ぬ」、「お前の憎しみと一緒に死んでやる」の言葉に動揺を見せる。 立ち去る前にナルトとの再戦を約束し、全てを潰し復讐を果たす為としてイタチの眼の移植を決意した。.

カグヤの行動のうち不可解な点(大量の白ゼツを用意しようとしていたこと、そもそも彼女や大筒木とは何者なのか)について調べるため、電波などが届かないような僻地に赴いて単身調査を行っている。 サクラとは一時期共に旅する中で結ばれたが、旅先で生まれた一人娘の サラダ を連れて里に帰らせ、自身は任務を続行している。 そのような経緯からサラダとの親子関係がこじれていたが、 後に和解している 。 また、ナルトの息子である ボルト は自身の道を決めかねていた時期にその存在を知って教えを乞われ、時に忍としての教えを説き、彼の師匠として大筒木に関する確実な情報を木ノ葉に持ち帰る次いでに修行に付き合い、時に支えている。 なお、ボルトたちの世代はサスケの里抜けに関する事情やうちは一族の悲劇については知らないようだ。.

サクラと結婚して一人娘のサラダをもうけていたが、任務のため物心ついてから会ったことがなく、成り行きでナルトが連れてきたサラダを敵と誤認して剣を向けてしまうなど失態を犯す。 その後、紆余曲折を経て攫われてしまったサクラを助けるための戦いの中でサラダと和解。 しばしの団欒の時間を過ごした後、再び任務に出発した。.

  • 須佐能乎の弓矢の最終進化形態。 九体の尾獣全てから吸収したチャクラを完全体須佐能乎に写して矢に収束させ、更にそれに雷遁を乗せて雷の矢を放つ。 ナルトとの必殺忍術との衝突の際には天変地異染みた光景と凄まじい余波による大規模破壊を齎した。. 町田慎吾 ( 年 版) 佐藤流司 ( 年 版〜) 櫻井圭登 (年中国公演) 中村隼人 (新作歌舞伎).
  • そして始まった激突は、のっけから完成体須佐能乎を持ち出すレベルの忍術合戦となるが、幻術の掛け合いの中で己の忍道を「この世の全てが分かり合う日が来るまで耐え忍ぶ」ことだと決意。チノに放った最後の一撃は飛び込んできたノワキに防御され、水入りのまま決着。 戦闘後、チノから前の大戦の折に地下を謎の集団=量産型白ゼツが走り抜けていったこと、その中に「別の何かと戦わなければ」と刷り込まれていた個体がいたことを聞かされ、かねてからの疑問とあわせ「カグヤが軍隊を組織して戦いの準備をしていた理由」として、カグヤをも上回る敵が現れるのではないかと危惧。.

[ ]. 14 25 36 47 58 69 710 811. NARUTO ?

うちはサスケのプロフィール

早速手がかりである暁のメンバーの捜索を開始し、 デイダラ とトビに遭遇する。デイダラとは両者満身創痍の状態になるまで戦い打ち負かすが、ヤケを起こした彼の自爆から逃れる際に重傷を負う。傷を癒した後はイタチと再会し、激しい戦いを繰り広げる中で大蛇丸による「天の呪印」からイタチによって開放される形となり、最後は自ら編み出した雷遁「麒麟」を発動するが、イタチの「須佐能乎」により無効化され、絶体絶命の危機を迎える。しかし、イタチが勝利を目前にして力尽きたことにより兄弟対決は終焉を迎える。直後、うちはマダラを名乗る仮面の男により保護され、自分の目にイタチが彼を殺すために「天照」を封印していたことから、イタチにまつわる真実を仮面の男から聞かされて兄の尊さを実感したが、同時に彼を死なせてしまった後悔と共に深い悲しみと憎悪を増長させ、両眼に万華鏡写輪眼を開眼した。.

大蛇丸からは「イタチ以上の能力を秘めた目をしてる」「いずれマダラを超える忍になる」 トビ からは「写輪眼の力を十二分に発揮していた…アレはイタチ以上の目になる」 扉間からは 須佐能乎を見て 「うちはサスケか…かつてのマダラと同じ可能性を見せるうちはの者よの」 マダラからは「カンがいい、冷静な分析と判断能力、そしてオレと同じ直巴…オビトより早く生まれていればこいつを…」 などと、敵味方を問わず高く評価されている。. 第七班での上官。得意技の「千鳥」は彼から伝授された。 うちは一族ではないものの写輪眼を持っており、最も身近にいた「写輪眼使いとしての先輩」でもあるが、 万華鏡に開眼して程ない復讐に染まり切っていた頃は、「うちはでない者がそんなものを持つな」等とボロクソに貶していた事もある。また口下手なため、口上手な部分は尊敬している。.

その後火影となったナルトと共闘した際には、隻腕かつ天手力で複数人を異空間に飛ばしたことで大量のチャクラを消耗した状態ながら、 同じくかなり疲弊していたとはいえチャクラモードのナルトと同等の体術を見せ、大岩を軽々砕くなどして敵を翻弄している。.

荳肴・縺ェ轤ケ縺後≠繧句エ蜷・

少年時代には、三ノ太刀を使用。クナイや手裏剣にワイヤーをくくり付けて互いに結び、片方をヨーヨーの原理で引き戻すことで死角から敵を攻撃する。 アニメ版BORUTOの時代には、口寄せした無数の巨大手裏剣を敵目掛けて雨のように降らせる術を披露している。. 一部から二部までの間に 大蛇丸 の下で剣術を会得。 二部中盤では、首斬り包丁を使ったビーの攻撃に写輪眼すら出さずに対処して蹴りを入れて見せたものの、ビーが七刀流に切り替えると一転、写輪眼を出しても防ぎきれず刀で刺されてしまった。. 流れ星〜Shooting Star〜 道 〜to you all キミモノガタリ 目覚めろ!

NARUTO -- [2] [3]. 7 7 ?

早速手がかりである暁のメンバーの捜索を開始し、 デイダラ とトビに遭遇する。デイダラとは両者満身創痍の状態になるまで戦い打ち負かすが、ヤケを起こした彼の自爆から逃れる際に重傷を負う。傷を癒した後はイタチと再会し、激しい戦いを繰り広げる中で大蛇丸による「天の呪印」からイタチによって開放される形となり、最後は自ら編み出した雷遁「麒麟」を発動するが、イタチの「須佐能乎」により無効化され、絶体絶命の危機を迎える。しかし、イタチが勝利を目前にして力尽きたことにより兄弟対決は終焉を迎える。直後、うちはマダラを名乗る仮面の男により保護され、自分の目にイタチが彼を殺すために「天照」を封印していたことから、イタチにまつわる真実を仮面の男から聞かされて兄の尊さを実感したが、同時に彼を死なせてしまった後悔と共に深い悲しみと憎悪を増長させ、両眼に万華鏡写輪眼を開眼した。.

イタチを殺すための切り札として編み出した大技。 天から降る落雷 を雷遁のチャクラで誘導、相手に叩きつける。 術として行う事は雷遁で落雷を誘導するだけなのでチャクラの消費が少なく、それでいて雷遁で起こす放電攻撃とは比較にならない規模の、回避も防御も不可能なレベルの雷撃が相手を襲う強力な術。 大前提として自然現象の落雷が必要であるため、雷雲たちこめる悪天候の時にしか使用できない。 火遁を多用して空気を熱し、上昇気流を起こして雨雲を作るという手はあるが、そこまでするとチャクラをかえって多く消耗してしまう。 ただ、イタチとの戦いでは意識せずとも火遁の撃ち合いになる事は分かっており、意図しなくても麒麟を撃てる状況になる可能性は高かった。そういう意味でも対イタチ用の切り札と言える。 万華鏡開眼後はここまで入念な下準備をするほどの相手がいなかった事に加え、他にも多数の強力な術を会得したため、使用される事は無くなった。 疾風伝ではオリストの「自来也忍法帳」のほか、ナルトとの最終戦で須佐能乎の中から不意打ちで使用した。.

その後火影となったナルトと共闘した際には、隻腕かつ天手力で複数人を異空間に飛ばしたことで大量のチャクラを消耗した状態ながら、 同じくかなり疲弊していたとはいえチャクラモードのナルトと同等の体術を見せ、大岩を軽々砕くなどして敵を翻弄している。. その後、黒ゼツに操られたオビトの輪廻天生によって生身の肉体を取り戻し柱間から仙術チャクラをも奪ったマダラに襲い掛かるもあっさりといなされ、火遁・灰塵隠れの術によって逃げられてしまう。 幾許か後、全身に輪廻眼外道の術による黒棒を刺されチャクラを練れなくなった柱間から、残りのチャクラとマダラが柱間から奪った仙術チャクラを利用してマダラを縛る術を授かり、扉間と共に再びマダラに挑むも輪廻眼本来の力を引き出せるようになったマダラに圧倒されて胸を刀で刺され死に瀕する。.

NARUTO -- [2] [3]. NO RAIN NO RAINBOW if. CV. TXN .


Facebook
Twitter
コメント
Etsu 28.09.2020 12:01 答える

うちは一族の天才の例に漏れずサスケもまた写輪眼の継承者であり、それに目を付けた 大蛇丸 から、中忍試験の最中に「天の呪印」を刻まれてしまう。以降、チャクラを大量消費しようとすると、一時的にパワーアップする代わりに全身を呪印に侵食されてしまうというハンディを背負うことになる。. 身体能力や術を強化することができる。 カブトによると 仙術 の一種で、大蛇丸が重吾の体液から作り出した。 重吾の一族は自然エネルギーを取り込むことのできる特異体質を持っており、一族ではこの呪印のオリジナルとなった力を仙人化と呼んでいる模様。 呪印状態でチャクラを練ると、反応して自動で周囲の自然エネルギーを取り込み、仙術チャクラを練り始めるため、身体能力と術の効果が向上し仙術チャクラが使用可能になる。 また仙人モードと違い、身につけるための修行が必要ない点も地味にメリットが大きい。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 mannadabholkar.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.