クリプト ラクト おすすめ 幻 獣

発行者: 11.10.2020

戦神の殿堂 2作目 紫氷の凍原? 元は無敵要員として愛用する領主が少なからず存在するほど割と人気ユニットであったが、光臨によりめでたく無敵役として磨きを掛けた。 LS無敵でFS構成は殆ど契約に近いものとなったが、FS1は防御無視を習得。更にボルテージを習得し、無敵ループにおける長期戦を逆手に取る形で火力を手に入れた。 キラーは既存のままだが、アーチャーには火メシエを始め打消し持ちを含めて厄介なエネミーが増えているので追い風の環境である。 スフィンクスと同じく連撃は味方に頼ることとなるが、極光や高防御に対してすこぶる強い。. で入手可能な無料ユニット。 ある程度ゲームをやり込んでいる領主向けの高難易度イベで入手にも高い要求をしてくるが、それに見合った高性能。 自傷の短縮と単体連撃のFSに闘争本能弱と祝福、シャーマンキラーを所持しておりサポートと攻撃を両立したユニット。進化は攻撃寄り、契約はサポート寄りとなっている。 両者で使用感が異なるので、優劣は一概に言えないが、4短縮の無料ユニット唯一性が光る契約の方が活躍の場は広い。 ただし、契約素材がランキング報酬にも入っており、1回のイベントで契約するには、ある程度の順位を出すか素材にホープを使用を要する。 それでも進化の段階で高い性能を有しているため、最終的には好みで選択するか、2体取れたら使い分けるのが良い。 また、祝福の耐久性と短縮能力に加えて重力調整可能な点から、重力パ短縮ユニットとしても高い適性を持つ。 重力圏内での短縮不足なら、彼の重力調整は非常に有用である。.

天候・重力をもった、重力パーティーの要。 重力状態は、2,以上のスピードを持った場に居る全てのキャラのスピードを半減する為、自軍のキャラを2,程で揃えればPT全体の手数を大幅に増やせます。 天候以外の部分でも、先制、2回行動 強 、高回転&高倍率なFS1、祝福10と、単体でも非常に強いキャラですが、真価をフルに発揮する為には、味方のスピードを調整しなくてはならないので、ゲーム開始直後ではやや扱い辛いキャラです。 超召喚祭限定キャラで、排出直後の名前は「グノシス」となるので注意しましょう。. 追憶の深海で作成可能なユニット。こちらも便宜上このページに記載する。 創世の楔[0]によりターン経過でCTが回復しないテクニカルなサポーター。 癖は非常に強いが、相性の良いユニットがいるなら滅法強い。 闘争本能以外の自力でのCT回復手段が無いため、CT短縮や他傷毒などで補う必要がある。 ステータスは平均的ではあるが、高いHPと極光の盾・再生により落ちにくい。 FS1は全体攻撃+全体メガバフ5ターンと強力だが、全体CT2遅延という大きな代償も付いている。 そのため、CT0短縮や闘争本能などで代償をカバーしないとなかなか攻撃に移れなかったりする。 回復スキルも軒並み遅延するので使うタイミングに注意。また打消しにも注意が必要。 FS2のクイックはCTが1であり、闘争本能次第では毎ターンばら撒けるのが魅力的。クイック要員としても活躍できる。 本格的に運用するなら毒を付与できるユニットと組ませると良いだろう。 麻痺無効PTのCT0アタッカーとも相性が良く、デメリットをほぼ無しにFS1の恩恵を受けられる。 遅延耐性持ちユニットを活用するのも良いが、あくまで耐性なので過信は禁物。.

召喚祭が終わって少した頃、大体3週目辺りで開催される事が多いガチャです。 どのガチャからも入手の可能性があるキャラの中から、3名がピックアップされているガチャです。 数日に渡り開催され、期間中に数回、ピックアップキャラが入れ替わります。 クリコレ限定キャラが紹介の最上部に1名いる事が多いですが、恒常キャラ3名と違い、この限定キャラは特にピックアップされてるわけではないので注意が必要です。 通常キャラは、新キャラとして追加された時以外では、不定期で開催される短期ガチャかアンケートで入賞した時、もしくはこのクリコレでしかピックアップされません。 欲しいキャラがピックアップに並んだ時には、限定に期待しつつお目当てのキャラを狙えるので、回す価値の高いガチャですが、 反面、列伝ガチャと同じく下で紹介されているキャラほど出やすいガチャの為、ゲームが進んだ頃に限定欲しさで回すとなると、手持ちと被るピックアップばかりが並んだ時に回し辛く、内容次第では、いつまで経っても手が出せない可能性があるガチャです。 こちらにも限定キャラが多数おり、現環境最強と名高いミトラも、このクリコレ限定キャラとなります。 星5の確率は通常と同じく5.

こちらもヒロインオブセントレア限定キャラ。 全キャラ中唯一、FS1、FS2共に傀儡を有するキャラです。 完全に他者に依存したスペックですが、代わりになるキャラが存在しない事と、その汎用性の高さが最大の特徴です。 このキャラ以外の強キャラが居ないと真価を発揮できませんが、傀儡を軸にした様々な戦術が余裕をもって実行できるので、高難易度クエストや闘技場で大活躍する優秀なキャラです。.

対単体火力特化の新たなるゲス。 性質的には契約ヴィルマに近く、FSがいずれも自傷がある代わりにCTが短いので短期決戦向き、長丁場なら交代前提の使い捨てにするのもあり。 LSがデスストーカー同様のスキル攻撃40%アップで闇属性限定。そのため、LS目的の置物としても使えるが無効と違って足は速めなのでハピネス等の調整も視野に入れると良い。 キラーが活躍の場が少ないドラゴンなのが懸念材料だが、素火力が高いのでギガバフを使うなら特に相手を選ばない。 相手を選ばない火力枠としてはリーズナブルなので早めに取っておくと便利。.

こちらもクイック&2回行動 強 を持つキャラ。 スペックがほぼシェムハザの上位互換なので、クイック&2回行動 強 を有するキャラの中では一番の強キャラと言えます。 召喚祭の限定キャラなので、ピックアップで割と狙い易いのも良い所。 クイック&2回行動 強 を意識してリセマラする場合、特にお勧めできるキャラなので、リセマラ開始が召喚祭と被った時には狙い目です。 非常に強力なキャラですが、作中では完全な悪役なので、そういった背景にまでこだわる人には注意が必要です。.

5UP 5 5 511. VTuber RPG RPG. HP1620 5. 3 PT .

  • ギルザは召喚祭限定のキャラクターで、主な役割はサクヤと同じくアタッカー兼タンクです。 役割上、使用感もコノハナサクヤに近いですが、FS2が15連撃なので、敵の祝福をほど良く削れるのが、攻撃面でのサクヤとの大きな違いです。 反面、再生が無い為にタンクとしてはサクヤよりやや場持ちが悪いので、どちらかと言えば、アタッカー寄りのタンクとなります。. 新規登録 ログイン サイトメニュー ホーム カテゴリーから探す アプリの提供元から探す タグから探す AppsMateについて ストア情報切り替え App Store Google Play.
  • 上記の2名と同じく、CT0で短縮5を持つキャラ。 プライヤやフウリンと違う点は、自身のHPを代償にする事と祝福5を持つ点。 ゲームのシステム上、HPの少ないキャラが狙われやすいので、通常攻撃や連撃で祝福が削られ、あっさり落ちる危険があるものの、反面、単発高火力の攻撃には耐えられるので、上記の2名よりかは高難易度での場持ちが良い方です。 倍率は高くないものの、自傷スキルとかみ合う起死回生の連撃持ちなので、敵の祝福を削るアタッカーとしてもそれなりに活躍します。 CT短縮5を持つキャラとしては自己完結しているので、代償対策でリーダースキルを潰したり、受け皿キャラを必要としないのは大きな強みです。 難点としては、ヒロインオブセントレアの限定キャラなので、非常に入手が厳しい事です。. こちらも潜在解放によって大化けするキャラです。 全体のFSを2ターン短縮するキャラはそこそこ居ますが、クールタイム CT も2ターンと破格の数値で、FS2を使い続ける限り、毎ターン使用できるのが他の追随を許さない大きな強み。 自身も防御無視5連撃を持ち、かつCT遅延耐性、滅殺ウォーリアキラー&滅殺ナイトキラーと、2種類の高倍率キラーを持つ上に、汎用性の高い全てのユニットのスキル攻撃力を40%アップするリーダースキル持ちなので、リーダー&短縮サポーター&アタッカーと、見事に3役可能なパーティの主軸となれるキャラです。 覚醒する前は短縮系FSのCTが5と長く、傀儡や他の短縮スキル持ちが居ないと高回転でスキルを維持できないのが難ですが、それでも十分及第点の強さです。 超召喚祭限定キャラですが、覚醒前から長らくリセマラ上位に君臨しているキャラなので、サポート編成でも良く見かけ、リセマラで入手できなくとも使える機会は多いです。.

オールスターと言いつつも、限定キャラは入っておらず、通常キャラの中からアンケートで選ばれた上位15名のみが、星5を引いた時に出るガチャです。 不定期な上に限定キャラが居ない為、既に持っているキャラが多い場合などはかなり厳しいガチャになりますが、始めたばかりであれば、どれが出ても大体当たりなので、限定キャラに拘らない場合は、星5が出たら即リセマラ終了にできる可能性が非常に高い優良ガチャです。 選ばれるキャラの多くは、現在の環境に適しているキャラが多数選ばれるので、列伝ガチャや栞ガチャで10%枠だったキャラも、多数選ばれる傾向にあります。.

リーダースキルがスピードアップなのに加え、先制でクイックを付与できるサポーター。 FS2がCT3で3しか短縮できませんが、自身に短縮を使えば1ターンおきにクイックを使う事が可能です。 元々クイックを持つキャラへさらにクイックを付与しての回数増加や、ラッシュやボルテージを持つキャラの行動回数増加など、メープルが居るとクイック主体の戦術幅がかなり広がります。. ガチャ限のアヌビスに類似したFS構成のユニット。特に進化は石化撒き要員として優秀。 LSが闇属性攻撃力40%とLS要員としても使える。 一概に両者の比較は出来ないが、何より幻獣で旧ガチャ限ユニットクラスが入手できるわかりやすい例が彼女である。. 闘争本能持ちの単体メインアタッカー。 FS1で進化は全体回復攻撃で契約が全体攻バフ攻撃持ち。 どちらも自傷猛毒で自ら闘争本能を刺激できるためCT回転率も良い。 FS2が単体防御無視15連撃で倍率共にマルコと同じ性能。祝福圏内を一気に処理できる。 安定性は回復持ちの進化だが、契約のLSとバフを合わせた攻撃力も中々捨てがたい。 好みで使い分けると良いだろう。.

追憶の深海で作成可能なユニット。 5万交易Pt交換のアイテムを4個使う時点で無料ユニット?という感じもするが便宜上こちらに乗せる。 確定二回行動での凄まじい手数で圧倒するユニット。クイックを合わせた時の多重行動は見もの。 五帝の暁の盟約のようなデメリットが無いので継戦能力も高い。同じ確定二回行動のドラグゼロスとはFSの性質などからも全く使用感が別物。 手数の多さに加えて単体防御無視13連撃とヤオヨロズと同性能の30連撃持ちで祝福に対しては滅法強い。 ただ、創世の楔[3]があるとは言えCT13とCT22は重すぎて短縮スキルが殆ど無意味。真価を発揮させるにはやはりクイックでの補助が必要となっている。. 天候・重力をもった、重力パーティーの要。 重力状態は、2,以上のスピードを持った場に居る全てのキャラのスピードを半減する為、自軍のキャラを2,程で揃えればPT全体の手数を大幅に増やせます。 天候以外の部分でも、先制、2回行動 強 、高回転&高倍率なFS1、祝福10と、単体でも非常に強いキャラですが、真価をフルに発揮する為には、味方のスピードを調整しなくてはならないので、ゲーム開始直後ではやや扱い辛いキャラです。 超召喚祭限定キャラで、排出直後の名前は「グノシス」となるので注意しましょう。.

FSCT LS40LS. CT LS. PvP. CT2 CT .

【クリプトラクト】五帝でおすすめのユニット!ランキングTOP5

追憶の深海で作成可能なユニット。こちらも便宜上このページに記載する。 創世の楔[0]によりターン経過でCTが回復しないテクニカルなサポーター。 癖は非常に強いが、相性の良いユニットがいるなら滅法強い。 闘争本能以外の自力でのCT回復手段が無いため、CT短縮や他傷毒などで補う必要がある。 ステータスは平均的ではあるが、高いHPと極光の盾・再生により落ちにくい。 FS1は全体攻撃+全体メガバフ5ターンと強力だが、全体CT2遅延という大きな代償も付いている。 そのため、CT0短縮や闘争本能などで代償をカバーしないとなかなか攻撃に移れなかったりする。 回復スキルも軒並み遅延するので使うタイミングに注意。また打消しにも注意が必要。 FS2のクイックはCTが1であり、闘争本能次第では毎ターンばら撒けるのが魅力的。クイック要員としても活躍できる。 本格的に運用するなら毒を付与できるユニットと組ませると良いだろう。 麻痺無効PTのCT0アタッカーとも相性が良く、デメリットをほぼ無しにFS1の恩恵を受けられる。 遅延耐性持ちユニットを活用するのも良いが、あくまで耐性なので過信は禁物。.

暁の五帝 にて作成可能な無料ユニット。 先制、通常攻撃全体化でゴルド周回がとてつもなく快適。 しかし何といっても真の強みは天候スキルの三千世界だろう。 三千世界持ちには他にスズシロ契約2もいるが、こちらは先制があるため短期決戦に適している。 LSはスキルではない攻撃力アップなのでバフとの相性がイマイチな反面、クイックループでの火力を大きく底上げできるので調整シェムハザがあるならリーダーとしても選択肢に入る。. 上記の2名と同じく、CT0で短縮5を持つキャラ。 プライヤやフウリンと違う点は、自身のHPを代償にする事と祝福5を持つ点。 ゲームのシステム上、HPの少ないキャラが狙われやすいので、通常攻撃や連撃で祝福が削られ、あっさり落ちる危険があるものの、反面、単発高火力の攻撃には耐えられるので、上記の2名よりかは高難易度での場持ちが良い方です。 倍率は高くないものの、自傷スキルとかみ合う起死回生の連撃持ちなので、敵の祝福を削るアタッカーとしてもそれなりに活躍します。 CT短縮5を持つキャラとしては自己完結しているので、代償対策でリーダースキルを潰したり、受け皿キャラを必要としないのは大きな強みです。 難点としては、ヒロインオブセントレアの限定キャラなので、非常に入手が厳しい事です。.

ページは凍結されています 凍結されたページにはいっさいの変更操作ができません。 凍結解除はこちら.

1 20. CT2 CT .

最強アタッカーランキング

上記の2名と同じく、CT0で短縮5を持つキャラ。 プライヤやフウリンと違う点は、自身のHPを代償にする事と祝福5を持つ点。 ゲームのシステム上、HPの少ないキャラが狙われやすいので、通常攻撃や連撃で祝福が削られ、あっさり落ちる危険があるものの、反面、単発高火力の攻撃には耐えられるので、上記の2名よりかは高難易度での場持ちが良い方です。 倍率は高くないものの、自傷スキルとかみ合う起死回生の連撃持ちなので、敵の祝福を削るアタッカーとしてもそれなりに活躍します。 CT短縮5を持つキャラとしては自己完結しているので、代償対策でリーダースキルを潰したり、受け皿キャラを必要としないのは大きな強みです。 難点としては、ヒロインオブセントレアの限定キャラなので、非常に入手が厳しい事です。.

数話ほどで終わる短編で、物語の栞に追加されるシナリオに登場する新キャラがピックアップされたガチャです。 仕様は列伝ガチャと同じく、極端に出やすいピックアップキャラと、そうでないキャラの明暗がはっきりしているガチャです。 星5の確率も5. 元は無敵要員として愛用する領主が少なからず存在するほど割と人気ユニットであったが、光臨によりめでたく無敵役として磨きを掛けた。 LS無敵でFS構成は殆ど契約に近いものとなったが、FS1は防御無視を習得。更にボルテージを習得し、無敵ループにおける長期戦を逆手に取る形で火力を手に入れた。 キラーは既存のままだが、アーチャーには火メシエを始め打消し持ちを含めて厄介なエネミーが増えているので追い風の環境である。 スフィンクスと同じく連撃は味方に頼ることとなるが、極光や高防御に対してすこぶる強い。.

  • 追憶の深海で作成可能なユニット。 5万交易Pt交換のアイテムを4個使う時点で無料ユニット?という感じもするが便宜上こちらに乗せる。 確定二回行動での凄まじい手数で圧倒するユニット。クイックを合わせた時の多重行動は見もの。 五帝の暁の盟約のようなデメリットが無いので継戦能力も高い。同じ確定二回行動のドラグゼロスとはFSの性質などからも全く使用感が別物。 手数の多さに加えて単体防御無視13連撃とヤオヨロズと同性能の30連撃持ちで祝福に対しては滅法強い。 ただ、創世の楔[3]があるとは言えCT13とCT22は重すぎて短縮スキルが殆ど無意味。真価を発揮させるにはやはりクイックでの補助が必要となっている。.
  • 闘争本能と回復スキルを持った傀儡キャラ。 回復率は低いものの、CT2と回転が速く状態異常も回復できるのが強み。 傀儡のCTも闘争本能のおかげでたまりやすく、傀儡要員としては換えの利かないスペックのキャラです。 超召喚祭の限定キャラなのでピックアップがなく、やや引当て辛いのが難点です。.
  • トレンドワード 年4月 年3月 年2月 年1月 年12月 年11月 年10月 年9月 年8月 年7月 年6月 年5月 年4月 年3月 年2月 年1月 年12月 年11月 年10月 年9月 年8月 年7月 すべて見る.
  • こちらもヒロインオブセントレア限定キャラ。 ギガバフと先制、ノータイムで3ターン短縮するスキルを持った、完全サポートキャラです。 ハーメルンと同じく、他に強キャラがいなくては真価を発揮できませんが、スピードに関係なく、開幕からギガバフを付与できる点や、地味に耐える事が可能な祝福5と、場持ちも良いのが特徴。 自身にFS1を使い続ければ、2ターンに1度はギガバフを付与できる、驚異的なバッファーです。.

CT5 CT1. 3 PT. 2CT05 HP5 HP2 CT5 ? Search. HP41 FSFS11. CTCT4 FS1CT CTFS ! 50. FS 1 FS11CT1 FS1 FS22FS FS2 FS1HP3 .

子供と一緒に幻獣契約攻略しながらポイ活を語るブログ♡

天界のザドキエルに続く新たなるゲス。進化で反射、契約で全体異常回復を持つアタッカー。 進化の反射は初期CTがある分CT4となっており、スケアクロウ等他の反射持ちより優位な場合もある。 FS1が共通して全体単発防御無視で倍率とCT共にオーソドックスなガチャ限と同性能で、キラーがウォーリア獣のダブルキラー。 これによりサンダルフォンやシーホークと同じ様な使い勝手に加えて反射の初期CTや回復FSにより、キラー目的のオート周回適正が高い。 スピードも中速なので、特にウォーリアキラーで対地を気にせず足の速さが欲しい場合はサンダルフォンより頼りになる場面がある。.

元は無敵要員として愛用する領主が少なからず存在するほど割と人気ユニットであったが、光臨によりめでたく無敵役として磨きを掛けた。 LS無敵でFS構成は殆ど契約に近いものとなったが、FS1は防御無視を習得。更にボルテージを習得し、無敵ループにおける長期戦を逆手に取る形で火力を手に入れた。 キラーは既存のままだが、アーチャーには火メシエを始め打消し持ちを含めて厄介なエネミーが増えているので追い風の環境である。 スフィンクスと同じく連撃は味方に頼ることとなるが、極光や高防御に対してすこぶる強い。.

ガチャ限のアヌビスに類似したFS構成のユニット。特に進化は石化撒き要員として優秀。 LSが闇属性攻撃力40%とLS要員としても使える。 一概に両者の比較は出来ないが、何より幻獣で旧ガチャ限ユニットクラスが入手できるわかりやすい例が彼女である。. キャラ単体で完成されており、サポートなしに強さを発揮する。あればより強さが強調される。 そんな現在の環境に適した強キャラです。 力を発揮するのに仲間の援護が必要ないキャラが多いので、基本的に1体出ればリセマラ終了できるキャラクター達です。.

CT05 HP50 .